[通常モード] [URL送信]
雪夏塚〜セツゲツカ 姫崎綾華編_第四話(その4)
 手早く綾華に洗い物を済まさせ、槙人はそこに掃除機をかけた。
 その後は大したトラブルもなく、槙人と綾華は無事に家事を終わらせた。

「それじゃ行こっか。さっきメール来たし」
「おう」

 海に泳ぎに行くというのに外は雪。上着の分だけ荷物が邪魔だった。

「ところで、どこかで待ち合わせしてるのか?」

 橋の上で暑苦しい上着を脱いで、槙人は綾華に訊いた。

「橋、渡りきったとこ」
「何人来るんだ?」
「さあ・・・まっちーとその友達が何人呼ぶかによるんだけど・・・」
「決めてないのかよ」
「私はまっちー決めただけだから・・・」

 綾華の言葉通り、町田達は橋のたもとで待っていた。

「おーい!」
「あ、綾華ー」

 気付いた町田が手を振る。

「あ、どうも姫崎さん」

 そして、槙人にお辞儀をした。

「よう、まっちー」
「うわーい、なんで知ってんですか、その呼び名!?」
「いや・・・綾華から聞いたんだが」
「うわー、やめて下さいよぉ!それ、綾華が勝手に言ってるだけですからぁ。定着なんかしてないですよ」
「あ、そうなのか?」

 集まったのは、槙人と綾華を含めて九人。本当に、槙人以外は全員女の子だった。橋から春日浜までは、海沿いの道で徒歩十分といったところにある。浜自体が大して広くないため、結構混んで見える。槙人達はそれなりに空いた所にビーチパラソルを立てた。

「さァ行くぞー!」
「いやっほー!」

 パラソルの回りにドサドサと荷物を放り、何人かが勢いよく海へと駆け出した。
 服の下に水着を着ていたので、服まで脱ぎ捨てて行った。

「あーもー。片付けくらいしてよー」

 愚痴をこぼしながら、町田がそれを拾う。

「元気良いな」
「男の人が目の前にいるというのに・・・」

 町田は溜め息をついた。

「別に男目当てって訳でもないんだろ?」
「ええまあ、そうですけど・・・」
「それに俺だしな」

 大して顔も良くない男に好かれようとは思わないだろう。

「いや、それは別問題ですよ」
「そうか?」
「一般論として。それに、姫崎さんて結構カッコいいと思いますよ」

 ニッコリと町田は笑う。

「ん・・・そうか?」
「ええ。だって・・・」
「おっ兄ちゃん!」

その時、綾華が後ろから抱きついてきた。

「お・よ・ぎ・に・い・こー」

 そのまま、槙人にチョークスリーパーをかける。顔は笑っていたが、目が笑っていない。

「ぐええ・・・!あ、綾華・・・!入ってる・・・マジ入ってるって・・・!」

 意識が飛ぶ一歩手前で綾華は手を放した。槙人は激しく咳き込む。

「ね、早く」
「へいへい」
「ところでさ、これどう?」

 綾華も、服を脱いで水着になっていた。槙人の選んだ水着である。
(へえ・・・)

「おー、いいじゃない。可愛いね、その水着」
「えへへ。ありがと」

 綾華はその場でくるくると回ってみせた。

「どう?どう?お兄ちゃん」

 綾華は、槙人の顔を覗き込んだ。

「え?ああ・・・俺が選んだんだから良いに決まってるだろ。似合ってるよ」
「わーい!」
 
 だが、槙人は綾華の水着など見ていなかった。褒め言葉が出たのは、奇跡に近かった。
(結構、出るとこ出てるんだな・・・)
 綾華はなかなかに良いプロポーションをしていた。回りの女の子よりも割合胸は大きく、スリーサイズのバランスも良かった。
 肌も白く綺麗で、日差しを反射していた。
 見ていて眩しい。
 綾華も女の子だということを、改めて認識させられた。

「さ、行こ」
「おう」

 しかし、あまりジロジロ見ていると何か言われるかも知れないので、程々にして槙人は立ち上がった。
 海で泳ぐのも、七年ぶりだった。


[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!