[通常モード] [URL送信]
雪夏塚〜セツゲツカ 姫崎綾華編_第四話(その2)
 振り向くまでもない。市川だ。立ち直ったらしい。
 市川はズカズカと槙人の傍に歩み寄って来た。

「貴っ様ぁ!そんな楽しそうなイベントに何故俺を誘わん!?」
「何が」
「バカモン!夏といえば海!海といえばこの俺、市川!これは世界の常識だろうが!」
「お前の脳内常識なんか知るか」
「知っておけ!」
「そんな無茶ナ・・・」

 困った顔でエレアが笑う。槙人は溜め息をついた。

「つまり、混ぜて欲しいのか?」
「その通りだ!」
「偉そうに言うな。えーとだな・・・」

 しかし、そこで槙人はふとためらう。
 市川は訳の分からない男だが、水着姿の女の子を見てハッスルしすぎるような輩ではないだろう。その辺りは安心しても良さそうだ。
 しかし、それを除けば危険人物以外の何物でもない。おもしろがって、あらゆる嫌がらせを仕掛けてくるだろう。
 そこで。槙人は一計を案じた。

「行き先は沖縄。八月の初っ端な。宿の方は俺がやっとくから、飛行機のチケットはお前やっとけよ」
「おお!任せとけ!」
「あと、現地集合な」
「イエッサ!」

(よしこれで徹いた)

 槙人は心の中でガッツポーズをした。
 槙人達がいなくても、水着天国だ。市川だったらすぐに頭を切り換えるだろう。
 市川が来た時の事態を、槙人は瞬時に想像したのだ。
 多分、綾華と何かする。
 腹黒いという点で、二人は赤面している。それで二人で協力して、槙人に想像を絶する悪戯をする可能性があるのだ。
 或いは対立するかもしれない。狐と狸の化かし合い、もしくはコブラ対マングース。そんな闘いが見られるかもしれないが、被害を受けるのは槙人に決まっている。
 どちらにしろ、相乗効果でとんでもない事をやらかすのは目に見えていた。まさにカオスだ。

(許せ市川。沖縄で水着のオネーチャンと仲良くな)

 槙人は一応、クラスメートの行く末を案じてやった。


「お兄ちゃーん!」

 ホームルームが終わり、槙人が下校しようとすると、校門のところで綾華が手を振っていた。

「なんだ。待っていたのか?」
「うん」

 槙人が転校してから一週間くらい、綾華はいつも帰りを待っていた。それ以降はしなくなったものの、何かしようとしている時には、意味深な笑みと共に待つこともあった。
それと同じかと思い、槙人は少し身構える。
が、すぐに行動に出ることはしなかったので、とりあえず一緒に帰ることにした。

「お兄ちゃん、成績どうだった?」

 その途中、綾華が尋ねてきた。

「ああ、それな・・・」

 槙人は、綾華が待っていた理由を理解した。海に行けるかどうか、それが訊きたかったのだろう。

(そんなに俺と行きたかったのかね・・・)

 最近は槙人も、綾華と一緒にいるのは恥ずかしいとは思わなくなっている。
だが、綾華のように、いつも一緒にいようとも思わない。
 綾華がそこまで自分に執着する理由は、いったい何なのだろう。

「・・・どうだったの?」

 槙人が黙ったのを見て、不安になったらしい。綾華が顔を覗き込んできた。
 思考が逸れていたようだ。槙人は頭を掻いた。

「実は、海に行くことなんだが・・・」

 と、わざわざ勿体ぶって話す。
 常日頃から綾華にはからかわれているので、たまには仕返しをしてやりたかった。

「・・・」

 すこぶるわざとらしいが、それなりに曇った表現を見せる。

「・・・そう、なんだ」

 その沈黙に、綾華は見事に騙された。悲しそうに俯いてしまう。

「・・・ちゃんと、一緒に行こうな」
「・・・え?」

 綾華は顔を上げた。安心させるように、槙人は笑いかけた。

「赤点ゼロだ。なんとか、補修は免れたぜ」
「本当!?」
「ああ」
「そっかあ。良かったあ・・・」
 ほーっと、綾華は深く息をついた。

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!