[通常モード] [URL送信]
雪夏塚〜セツゲツカ 姫崎綾華編_第三話(その5)
その昔、屶瀬島には山の神が住んでおり、周りの海には海の神が住んでいた。山の神は陸を、海の神は海を管理していた。しかし空だけは管理していなかったので、春と夏は海の神が、秋と冬は山の神が管理することにした。そのため、海の神は秋と冬には、海面に出られなくなってしまった。ある時海の神が冬にこっそり海の外に出て島を見ると、美しい娘が目に入った。一目でその娘に魅入られてしまった海の神は、自分の仕事を放り出して娘と会うようになった。
しかし、当然その事は山の神に知られてしまう。山の神は娘を殺した上、海の神を厳しく監視するようになった。
海の神は嘆き悲しみ、攻めて冬に降らせる雪を夏に降らせてほしいと山の神に頼んだ。
無目は雪女で、娘と会う日はいつも雪が降っていたからだ。雪を見て娘のことを思っていたいと泣きながらに頼んだ。山の神は、海の神の誓いの固さを見て、それだけは了承することにした。
以来、屶瀬島には、夏になると雪が降るという。

「へぇ・・・」
「屶岬の立て札に書いてあるよ、行ってみる?」
「・・・遠いぞ」
「いいじゃない。息抜きだもん、少しは歩こ」

 屶岬は屶瀬島の南端に突き出た形の岬である。遊歩道が設置されているが、階段の昇降が多いので、歩いて行くしか方法がないのだ。

「まあ、いいか」

 だが、槙人はそのまま屶岬の方へと歩き出した。綾華の言う通り、少しは運動した方が良いかもしれない。
 車が一台しか通れない細い小路を通った先に、岬へと続く一本道がある。

「気をつけろよ、綾華」
「うん。大丈夫」

 雪が降っていない分には、ただ階段を昇り降りするだけだから良いのだが、雪が降っているとそうはいかない。積もった雪で滑ることもあるし、それをどかした雪に足を取られて埋まる事もありうるからだ。急ぐ必要もないので、槙人は綾華に気を遣いながらゆっくり歩いた。

「・・・うへぇ」

 屶岬は、槙人が今まで見た土地の中では最も危険な場所だった。
 軽く三十メートルは高さがありそうな上に、幅は五メートルもない。まさしく屶の刃を彷彿させる、鋭く切り立った崖なのだ。木で作られた遊歩道は何本もの鉄柱で支えられている。下手に人が落ちたりしないように。柵は網目状に作られていた。

「よく自殺の名所にならなかったよな。ここ」

 柵は丈夫な木でできているが、乗り越えられないわけではない。そこから落ちれば好きなだけ死ねそうだった。

「そりゃあならないよ」

 不安そうな槙人を見て、綾華は笑う。そして遊歩道の終着点である広場の脇に佇む立て札を指さした。

「ほら、あれがさっき言った立て札」
「ああ」
「あれには続きがあってね」

 槙人は雪と潮風でボロボロになった立て札を覗き込んだ。しかし、相当に傷んでいるらしく文字はほとんど読めなかった。
 それを知ってか知らずか、綾華が説明を再び始めた。

「例の海の神と雪女が会ったのが、この屶岬なんだって。それで雪女が死んだのも、海の神と山の神が話し合ったのもここなんだってさ。だから、ここで願い事をすると夏雪の日にそれが叶うんだって」
「ほー・・・」

 とてもそんな縁起の良さそうな場所には見えないが、地元民の綾華が言っているということは本当なのだろう。

「しかし、よく覚えてんな、お前」

 槙人は感心の声をあげた。
 地元の人間ならば、そういった類のものは、一度見たらもう見ないような気がしていた。しかし綾華の説明は、細部もきちんとなされていた。
 相当読み込まない後、そこまでは覚えきれないのではないだろうか。しかし立て札の状態から考えると随分昔に読んだことになる。

「まあね。何度も読んでいるから・・・」

 頬を軽く掻いて、綾華ははにかむ。
 槙人は崖下を眺めた。波がぶつかり、飛沫となって砕け散っていく。

(落ちたら本当に死にそうだな)

 そんなことが一瞬思い浮かぶ。死ぬ気がなくてもそういう考えが出てくるのは何故だろうか。
 槙人は顔を上げた。数十メートル先の海には雪は降っておらず、太陽の光を反射して輝いていた。雲は、島よりも一回り大きく浮かんでいる。青空を切り取ったように、厚い雲は雪を降らせる。不自然な自然。この島が嘘でできているのかのような錯覚さえ起こす。
 夏雪は、本当に神が降らせたのかもしれない。他に説明がつかないのだから。

「・・・それにしても寒いな。そろそろ帰ろうか」

 今日まで我慢していたが、海から風がびゅうびゅう吹きつけているのだ。真夏の南風だ
から寒い訳ではないが、雪も一緒に飛んでくるので、顔が当たって痛かった。

「うん、そうだね。行こ」

 綾華もマフラーに顔をうずめている。綾華は素早く槙人の腕を取った。
 離そうかとも思ったが、寒いのでやめておいた。
 二人は来た道を歩き始めた。
 去り際何となく槙人は広場を振り返った。

「え・・・・?」

 その時、見えた。
 見えた、気がした。
 雪の中、うずくまって泣きじゃくる少女の姿。
 前も、そんな光景を思い出していた気がした。だが、はっきりとは思い出せない。
 何かかが抜け落ちている。
 一体どうしてそうなったのか。

「お兄ちゃん?」

 気がつくと、綾香の顔が視界いっぱいに入っていた。

「どうしたの?ボーッとして」」
「あ、ああ・・・スマン、ちょっと考え事してた」

 慌てて綾華から顔を逸らす。
 不覚にも少しドキドキしてしまった。
 そしてそのせいで、何を考えていたか忘れてしまった。

「・・・行くか」

 溜め息をついては気とは歩き出した。何だか胸がモヤモヤする。このままでは勉強に集中できないかもしれなかった。息抜きの筈だったのに。

「・・・お兄ちゃん」
「ん?」

 帰り途、綾華が口を開く。

「思い出した?」

 腕を抱いたまま、綾華は槙人を見上げた。

「・・・いや」

 槙人は首を振った。

「何か思い出しかけたんだけどな・・・。忘れちまったよ」
「そっか・・・」

 少し残念そうに、綾華は笑った。
 色々考えて頭が混乱していたせいで、槙人は気づかなかった。
 どうして綾華が、槙人が何かを思い出しかけたのに気づいていたのかに。

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!