[通常モード] [URL送信]
雪夏塚〜セツゲツカ 姫崎綾華編 第三話 雪の中に(その4)
雨ならばその粒が地面に打ちつけられる音が聞こえることだろう。しかしふわふわと舞い降りる雪は音を立てない。ストーブの燃える音と紙の上を編が走る音以外は何も聞こえない日。槙人と綾華はこたつで向かい合って勉強していた。槙人は数学、綾華は英語である。
一応、大学受験のために買っておいた参考書も、今回の試験の範囲は終わりだった。答えを書き留め、解答を見る。

「・・・・・・よし!正解!」

そこで槙人はペンを置いて、大きく息をついた。

「終わった?」

顔を上げずに綾華が尋ねる。

「ああ、なかなか正解率は高いぞ」

体を反らしながら槙人は答えた。

「お前はどうだ?」
「もう少し・・・・・・うん、終わり」

テキストを置き、綾華は顔を上げた。

「お疲れさん」
「お兄ちゃんもね」

綾華と一緒に勉強するのを決めた翌日。
意外にも効果はあった。槙人はかなりの集中力を発揮できたのだ。

「やればできるもんだな」
「そだね」
「ちょっと休憩するか?」
「うん。外行く?」
「・・・そうだな、冷たい空気吸いに行くか」
「うんっ。行こう行こう」

煮詰まった頭に冷えた酸素。リフレッシュした効果は抜群だった。
ジャンパーを羽織って槙人は綾華を待った。程なくして、コートを着た綾華がやって来る。

「それ、するのか」

綾華の首には、例の長いマフラーが巻かれていた。

「もっちろん!一刻も早く使いたいからね」

ウキウキして綾華は答える。
槙人はドアを開け傘をさした。と、傘を持つ手と反対の腕を綾華がとり、そのまま抱きついてきた。

「こら」
「相合い傘。初雪の時はしてくれなかったし」
「あのなあ・・・まあ、いいか」

どうせ言っても聞かないだろう、と槙人は諦めた。それに気を良くしてか、綾華はますます密着してきた。

「歩きにくいぞ」
「あったかいでしょ?」
「冷たい空気吸いに来たんだが」
「いーからいーから、行こ」

綾華にぐいぐい引っ張られ仕方なく槙人は歩き出した。一度大きく深呼吸して空を見上げる。白い空から白い雪が無数に降ってくるのが分かる。

「しかしホント・・・なんで夏に雪が降るんだろうな」

それを見ながら、槙人はふと、素朴で単純な疑問を口にした。地球の法則上、決して起こるはずのない現象、夏雪。ほとんど生活の一部となっていたので忘れていたが、改めて考えてみると、不思議なことだった。

「さあね。まだ全然解明されてないよ」
「だろうなあ」
自然の法則に真っ向から対立しているのだ。バミューダトライアングルでさえ、メタンガスが原因ではないかと、ある程度の足がかりができはじめているというのに、この島にはそんなものさえない。どこをどう調べても、何も出てこないのだ。

「言い伝えならあるんだけどね」
「言い伝え?どんな」

槙人は、腕にしがみついたままの綾華を見下ろした。

「えーとね。海の神さまが雪女に恋をして、夏にも会いたいから雪を降らせる、と山の神さまに頼んだの」
「全然解んねーよ」

要約しすぎて理解不能だった。

「だからね・・・」

綾華は一から説明し直した。

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!