[通常モード] [URL送信]
雪夏塚〜セツゲツカ 姫崎綾華編 第一話 新しい始まり(その3)
「うん。ほら。お義父さんとお母さん、一緒に働いてるでしょ?それが今度、海外に行くことになっちゃたんだよ」
「おまえも行けばいいだろ」

 義母が働いていた事は知らなかったが、そんなことで論議する気もなく、槙人はさくっと返した。

「私は学校があるんだよ。留学なんて柄じゃないし・・・。それで・・・おにいちゃんと・・・」

 俯いたまま、綾華はむにゃむにゃと語尾を誤魔化した。
 槙人は溜め息をついた。

「なるほどな。けど、一人暮らしもそう悪いもんじゃないぞ」
「・・・お兄ちゃんのはボロアパートでしょ?家はこんなに広いんだから寂しさの格が違うよ」

 不満を表した目で、むー、と綾華は再度槙人を見上げる。

「・・・なかなか言うじゃねーか。だったら尚更、こんな生意気な小娘がいる家に住む気はねーよ」

 わざと憎たらしく笑って、槙人は返した。

「うう。ヒドい・・・。でもね、お兄ちゃん」

 一瞬だけ綾華は身を引く。しかし、すぐに不敵な笑みを浮かべてきた。

「何だよ」
「・・・お兄ちゃんの帰る家なんか、もうないんだよ」
「はい?」

 上目遣いの綾華の言葉に、槙人は頭から聞き返した。

「お兄ちゃんは帰るなんて言ったけど、帰る家はここ以外にはないの」
「・・・どういう意味だ?」

 なんだか不穏な事になっているような気がして、槙人は肩をひそめた。

「つまりね、お兄ちゃんが住んでいるアパートは、さっき私達が解約しちゃったの」

 軽く、あくまでも軽く、無邪気ともいえる笑顔で、綾華はさらっと重大発言をした。道端の雑草程度のさりげなさだったが、聞き逃す筈も聞き間違う筈もなく、槙人はその場で硬直した。

「・・・じゃあ。否応なしにここに住めと?」

 生気のない声で槙人は問う。

「うん」

 対して綾華は、笑顔を崩さずに答える。

「・・・俺の部屋にある家具なんかは?」
「引っ越し業者にも連絡済みだから二、三日でこっちに届くよ」
「・・・待て。学校は?こっちから通えってのか?」
「ううん、私と同じ学校に転校してもらうよ」

 手続きはもう済んでいるから、と綾華は楽しそうに微笑む。
 その笑みは純粋なものだった。
 純粋に、悪魔の笑顔だった。

「ち・・・・」

 石像のように突っ立っていた槙人は、ようやくその呪縛から立ち直った。

「ちょっと待てぇー!!」

 盛大にドアを開け放ち、なきとは新しく住む家に駆け込んで行った。



 順を追って話を整理すると。
 まず、両親が二人とも海外に転勤になった。
 広い家にも拘わらず家政婦を雇ったりしている訳ではないので、日本に残る綾華は、必然的に一人になってしまう。
 そこで、槙人を呼ぶ事にしたのだ。
 第一に、槙人の転校手続きを済ませる。これは彩花の意図により極秘裏に進められた。
 だが槙人を呼ぶにしても、来るかどうかはともかく、一緒に住もうとはしないのは目に見えていた。
 そこで第二に、綾華が危篤で倒れた事にする。 確かに綾華は普通の人よりも体が弱い。しかし、倒れる程病弱な訳ではないのだ。だが
槙人がそんなことを知っている筈もないので、理由としてはそれで充分だった。
 そして第三に、槙人が家を出る頃合いを見計らって、アパートの大家に連絡し、部屋を解約する。同時に引っ越し業者に連絡し、荷物を届けさせるようにする。
 そうしてすべての退路を断った上で、槙人に真相を話す。
 それが綾華の考えた計略だった。
 つまり、騙された。
 それも二重に。
 少し考えれば分かる事だった。何故病院でなく家に呼んだのか。何故病名を言おうとしなかったのか。
 だというのに、槙人はそれに気づかなかった。
 結果、綾華の思惑に見事にはまってしまったのだ。
 寸分の狂いもなく。
 己の浅薄さを思い切り見せつけられた気がした。
 逃げ道はどこにもない。
 叔父たちとは仲違いしてしまっていたため、今更援助は期待できなかった。
 詐欺に遭った人って、こんな気持ちだろうか。
 そんなことが頭に浮かんだ。
 が、余計惨めになるので考えるのはやめた。

「ね、お兄ちゃん」
「・・・何だよ」

 リビングのソファーでぐったりしている槙人に、綾華が呼びかける。

「これから、よろしくね」

 そして、花が咲くような笑顔を向ける。
 その花が食虫植物のような気がして、槙人はもうリアクションする気にもなれなかった。

「・・・好きにしてくれ」

 そして槙人は、よりいっそう深くソファーに沈み込むのだった。

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!