[通常モード] [URL送信]
77-2 ELSENA 第三話 予感(その2)
 エルセナは泣いていた。嗚咽が漏れる。ディーンは椅子に座り直すと、エルセナの髪を優しく撫でた。

「大丈夫だよ、エルセナ」

 囁くようにして、ディーンはエルセナに優しく呼びかける。
 
「………………うん」

 エルセナはただ一言そう返した。
 
「何か嫌なことでも思い出したんだね。でも平気だよ。僕がいるから」
「…………うん……うん」

 名前を呼ばれるまでの間、ディーンはエルセナの髪を撫で続けていた。
 

「ふーん。そんなことがあったのか」
「驚いたよ。エルセナが取り乱すなんて、それまでなかったからね」

 休暇が終わり、ディーンは仕事に復帰した。その昼休み、検査の結果を聞こうと訪れたサネージャに、ディーンはセンターの中庭で一部始終を話した。

「病院に嫌な思い出か……注射器を見てってことは、痛いとかか?」
「違う。エルセナがあんなに泣き叫ぶくらいだ。それ以上の何かだよ」

 ディーンはきっぱりと断言する。その証拠に、エルセナはもう病院には行きたがらなかった。

「ふーむ。……ところで、エルは人間じゃないって?」

 他に何も思いつかなかったのか、サネージャは話題を変えた。
 
「ん。ああ……肉体的にね」
「そいつの方がよっぽど重要だぞ。特に脳の構造はな。マイクロチップの集合体となると、その情報量は人間の数億倍……いや、比較なんかできないな」
「あくまで例えだよ、それは。実際にはほとんど引き出せないし」
「ま、そうだな」

 サネージャは手に持ったコーヒーを一口すすった。
 
「エルは元気なのか?頭痛の具合は?」

 ディーンは少し黙った後、首を振った。
 
「あんまり良くないな。休暇の2週間で、もう4回起きてる」
「4回も?」
「ああ。だんだん間隔が狭くなってきてるんだ。昨日も昼間に1回」
「……そうか」
「しかもその度合いがひどくなってるんだ。もう2錠じゃ効かない。昨日なんか6錠飲ま
せて、ようやく落ちついたんだ」

 40錠入りを3袋もらっているから良いものの、その消費量は回を追うごとに増えていた。頭痛が襲う度に、エルセナの苦しみ方が増すのだ。

「でも原因はつかめないんだよな?」
「うん。脳の一部に負荷がかかるってだけ……」
「負荷か……人間でない分、何か問題があるのかもな」

 昼休みが終わる時間なので、サネージャは立ち上がった。
 
「そういえばサネージャ。エルセナの情報は何かあった?」

 ディーンも立ち上がりながら、そう尋ねた。それに、サネージャは苛立った声で答える。
 
「何にもない。ウチに寄せられてくるのは、ここ最近の『滞電(たいでん)』の件だけだ」

 ああ、とディーンは納得した。
 
 この10日間ほどで、『エルセナ』は既に3回停電を起こしかけている。幸いにも暗く
なるだけで、機能は全て働いているのだが、その都度何かしらの障害が起きる。昨日も一
度起きたため、午前中二人はその処理に追われていたのだ。

「だけど発電所はしっかり稼働してるんだろ?」
「だから余計たち悪いんだ。原因不明だからな」

 サネージャによると、『滞電』は非常電源にまで作用していたらしい。そして、外部からの干渉は全くなかった。

「1回ならまだしも、3回ともなるとな。ブラックアウト以来、厄介事が多発してる」

 溜め息をついて、サネージャは中に戻った。
 ディーンも同感だった。これからしばらくはまた、面倒なことになりそうである。
 

「……何だ?これ」

 1週間後。仕事を終え、帰宅することにしたディーンは、エレベーター内の異変に気付いた。
 それぞれの階を示すボタンの一番下に、わずかな溝がある。普段はただの線にしか見えないそれが、この時だけ何故か面になっていた。小指くらいの幅に広がっている。奥には、ボタンのある盤と同じ銀色の盤があった。
 しかもよく見ると、それは更に広い面積を持っているらしい。指を曲げると、中で曲げることができた。
 どうも、ボタンのある盤は上下にスライドできるようになっているようだ。ディーンは溝に指をかけ、盤を上にずらした。結構重い。

「………………これは」

 そこには、ボタンが一つだけあった。何の表示もないボタン。
 明らかに隠してあった。
 どうするか、ディーンは迷った。こんなところに、誰も気付かないようなボタンがあるのは不自然だ。何のためのボタンなのだろう。
 だが止まらなかった。好奇心が警戒心を上回っていた。
 ディーンは、ゆっくりとそのボタンを押した。
 途端に、ディーンが押した1階の表示が消える。そしてエレベーターは、通常の倍くらいのスピードで下降し始めた。ふっと浮くような感覚がそれを物語っていた。
 エレベーターはどんどんと降りる。間違いなく1階も、地下5階をも通り過ぎていた。
 途中、ディーンは猛烈な耳鳴りを感じた。あまりに深く降りるために、外気圧が大きくなって鼓膜が圧迫されているのだ。
 唾を飲み込んで圧力に対抗していると、エレベーターが止まった。体が一瞬重くなったのを感じた後、扉が開いた。

「うわ…………!」

 着いた先は、小さな部屋だった。ディーンの家の寝室くらいの広さしかない。壁は古びて汚く、ひび割れていた。床には何本もの太いコードが散らばっている。電気もなく、また何年も使われていないのか、部屋全体が埃っぽかった。
 その部屋の隅に、小さな机と、そこに置かれた小さなコンピューターが置かれていた。コンピューターは電源が入ったままで、スクリーンセーバーが起動していた。そこから放たれる光だけが、その小部屋を照らしていた。

「随分古い型だな……」

 毎年最新機種が作られている『エルセナ』だが、ディーンの前にあるのは、どう見ても100年程昔のものだ。今時こんな物が存在しているのは、珍しいどころの話ではなかった。
 ディーンはキーの一つを押し、画面を元に戻した。コンピューターもキーボードも大量に埃が積もっていて気持ち悪い。下手に吸い込まないように、ディーンはハンカチで鼻と口を押さえた。
 画面にはパスワード入力が表示された。
 
「パスワード?」

 こんな100年も昔の機種のパスワードなど知っている訳がない。ディーンはしばらく思案していたが、諦めてコンピューターから離れた。こんな所にこんなコンピューターだ。下手にいじってセキュリティが作動でもしたらまずい。ディーンはコンピューターは放っておいて、他に何かないか見回してみた。
 すると、壁の一角に扉が見えた。暗いので初めは気付かなかったらしい。
 近付いてよく見てみると、これもまた古い型の扉だった。自動で開くのだが、カードロックがついているので、開かない。

「……ISB=163、か」

 埃を払うと、製作番号が見えた。3桁のアルファベットと数字とは、やはり100年くらい前のものだろう。
 恐らく、この部屋は100年ほど前に作られたのだろう。埃の溜まり具合からして、その間全くといっていいほど使われていないらしい。それもその筈だ。この部屋の存在を知っている人間が何人いるか、一人いるのかすらも分からない。
 何にしても、この他には何もないので、ディーンは一度地上に出ることにした。パスワードやもう一つの部屋も気になるが、何もできないのでは仕方ない。
 帰宅時間帯であるにも拘わらずまだそこにとどまっているエレベーターに乗ると、ディーンは上の盤を引き上げられる程度にまで下ろしてから、1階のボタンを押した。
 上へと昇って行くエレベーターの中で、ディーンは考えた。
 隠された部屋。たった一つのコンピューター。何があるのか分からない鍵付きの部屋。
 一体何の目的で作られたのだろうか。ほとんど使われていないところを見ると、さほど重要ではないのかもしれない。しかし、明らかに隠し部屋である以上、その可能性は低い。
 結局考えている内に、エレベーターは1階に着いてしまった。仕方なくディーンは外に出る。

「…………あ!」

 センターを出たところで、急にディーンは閃いた。ポケットから携帯電話を取り出し、メールを打つ。
 『アバーヴ』のサネージャに言えば、何か分かるかもしれない。ディーンはそう考えた。
 それでなくとも、サネージャは以前、ディーンに偽造カードを作ってくれたことがある。
造りは完璧で、何度かお世話になったものだ。100年昔の物でも、サネージャならロックを解除できるかもしれなかった。
 焦っていたせいで所々打ち間違えたが、ディーンはサネージャに、地下の小部屋とコンピューターのパスワードのこと、そしてロックの偽造カードキーを作って欲しい旨を伝えておいた。
 全く返事が返ってこないのが気になったが、2度も送るとサネージャは怒るので、ディーンは待つことにした。

 自分が本当に巨大な秘密に迫っていることも知らずに。
 
(第3話終わり。続く)


[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!