[通常モード] [URL送信]
73-2 Zephyr 第四話 想い、届けて(その2)
「それから三日くらい、絣、家にいるときはテレビ見てたんです。いや、見てたって言うのかな?話しかけてもうわの空だったし……けどきっと、その時の悲しみを紛らわせてたんだと思います」
 その気持ちを振り払うように、一生懸命別のことを考えようとして。言葉や気持ちをまるごと受け止めてしまう絣にとって、それはとても大変なことなのだろう。心を傷つけられた絣が自我を取り戻すには、一時的にでもその傷を忘れてしまうしかなかったのだ。
しかし、何かの拍子でそれを思い出してしまう時、絣はそのことを後悔し、再び傷つく。自分の意志に反して自分を傷つけてしまうのだ。
 それが怖いから、他人とは話さない。新しい傷も古い傷も、その痛みを感じたくないから。
「……で、それで何で俺が関係してるって思うんだ?」
 絣がテレビを点ける理由は分かったので、結城は次の質問をした。確かに、結城のせいで絣がその行動に出たのは間違いない。しかし成羽がそれを知っているはずがなかった。
「だって、今絣を悲しませる奴って、川本さん以外にはいませんから」
 すっと立ち上がり、成羽は結城を見下ろした。朱いツインテールが風に揺れている。
「最近絣が話題にすることっていえば、川本さんのことですからね」
 どこか嘲笑うような口調で、成羽は言う。
「川本さんが外から来た人っていうのもあるんですが、何よりもその人が自分と仲良くしている、っていうのが大きいんだと思います。だから絣は川本さんに興味持っているんですよ」
「そうなのか?」
 たとえそれが本当だとしても、結城はちっとも気付いていなかった。
「……だから、そんな人に何か嫌なことされれば、絣でなくたって傷つきますよ」
 傷つく、という言葉に結城の体は一瞬震えた。
 そう。絣を傷つけたのは、紛れもない結城なのだから。
「……答えてください。何があったんですか?」
 確信に満ちた目で、成羽は結城を見据える。ほとんど睨みつけるような目つきだった。
「ああ……」
 観念して、結城は話すことにした。絣が滅多に「他人」と話さない理由。そのことで言い合って、絣を泣かせてしまったことを。
「それで、また……傷つけちまったんだよ」
空が暗くなる頃、俯いて、結城は三日前の出来事を話し終えていた。
 その間成羽は、何も言わず結城の言葉に耳を傾けていた。そして、結城が口を閉じると同時に溜め息をついた。
「はあ……他人と話すと自分が傷つく、ねえ……バッカじゃないの、あいつ」
 吐き捨てるように成羽は言った。
「バカって、成羽……」
「だってそうじゃないですか。傷つくのを怖がってちゃ、何もできませんよ。なんとしてでも現状を変えなきゃ」
「いや、変えようとは思ったらしいんだよ。だけど失敗して……」
「それが間違ってるって言ってるんです」
 成羽は結城の言葉を遮った。そして、結城の隣に座り直す。木造の拝殿が、ぎしぎしと鳴った。
「弱い心を鍛えて強くするのは、確かに最良の策だし、分かりやすいですよ。でも、その分リスクが高すぎます。成功する確率の方が低いですよ。まして絣のあの頑固さじゃ不可能です。できないと決めたら、絶対やりませんからね、あの馬鹿は」
 この場にいない絣に向かって言うように、成羽は話す。
「だから、その方法でどうにかしようってのが、そもそもの間違いなんですよ。他の方法、遠回りでもいいから……。そうでないと、絣は変われません。絶対に」
 足を組んで、成羽は溜め息をついた。
「じゃあ、具体的に成羽はどうすればいいと思うんだ?」
「え?ああ……それはですねえ……」
 しかし、成羽はそのまま答えなかった。しばらく空を見上げていたが、やがて結城に頭を下げる。
「……ごめんなさい。偉そうなこと言っといてあれですけど、思いつかないです。ただ、それじゃ駄目ってだけで……」
「おいおい」
「でも、どんな方法にしたって、あいつ一人じゃ無理です。誰かが手を差し伸べてやらないと…………あたしじゃ駄目でしょうけどね。いつもの通り、喧嘩になるだけだろうなあ」
 成羽はまた溜め息をついた。
 しかし、成羽の言うことはもっともだった。弱い心を強くするのは、それが無理だと思っている人間には、本当に無理なのだ。
(手を差し伸べる、か……)
 結城は考える。弱い心。弱いもの。それにどう接すれば良いか。どう扱えば良いか。
 脆いものを鍛えようとしても、逆に壊れていくなら。
(守る?包む?でもそれじゃ、余計に心を弱くするだけだ)
 脆弱な絣の心。そこに壁を作ってはならない。
 だから、成すべき事は。
「……あ」
「あ?」
 結城の動きが止まる。思い浮かんだ考えを急速に整理していく。
「そうか……だから……」
「どうしたんですか?何か考えたんですか?」
 横から成羽が顔を覗く。結城は、これが答えとばかりに、にっと笑った。
「ああ。うまくいくかは五分五分だけど、成功例があるからな」
「ホントに!?」
「ああ。今から行ってみる。けど、もしこれで駄目なら……」
「いいですよ」
結城は立ち上がりかけたところで迷ったが、成羽はそれを後押しした。
「どっちにしろ、このままじゃ駄目です。行って下さい」
 期待した目で成羽は言う。結城は力強く頷いて歩き出した。
「川本さん」
「ん?」
 数歩歩いたところで、結城は成羽に呼び止められた。
「何だ?」
「絣って、ここから何を見てると思いますか?」
「……夕焼けだろ?」
「違います……黄昏ですよ」
「黄昏?」
 結城は鳥居の向こうを見た。山の間から、わずかな赤光が漏れている。
「絣は、夕焼けよりも黄昏が好きなんです。そんなこと言うと変な人に思われがちだから、そう言ってるらしいんですけど……寂しいですよね、そんなの」
「ああ……」
 夕陽が沈んでも絣が帰りたがらない理由は、そこにあったのだ。
「あいつ、友達いなくていっつも寂しいから、そういう景色に惹かれるんです。あいつの心も、夕闇だから……」
 成羽は黄昏の空を見つめた。そして、幾分背の高い結城を見上げる。
「だから、絣(あいつ)の心、晴らしてあげてください」
 自分じゃ何もできないから、とその目が語っていた。
 結城は、成羽の頭をなでた。
「任せとけ」
 そして、階段を降り始める。
「ありがとな、成羽」
「……あたしは何もしてませんけどね」
 成羽は笑って肩をすくめる。しかし、結城はいや、と首を振った。
「お前がいてくれたからだよ」
 そう言い残して、結城は階段を駆け降りた。足元は危ないが、早く絣に伝えたかった。自分ができる、精一杯の想いを。
「……頼みますよ、川本さん」

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!