[通常モード] [URL送信]
72-3 Zephyr 第三話 縛られた心(その3)
 結城は、何も言えずに絣を見つめていた。
 自分のことを言うだけで、そして返答が返ってくるだけで傷つく。だから話さない。繊細と言えばそうだが、そんな良いものではない。弱い、あまりにも弱い心だ。

「きっと、変にプライドが高いんです、私。自尊心が強すぎて、ちょっとしたことでも傷ついてしまう……」

 自嘲気味に絣は呟いた。
 分からないでもない。折角の自分の言葉を否定されたら、自覚でもしていない限り、気分は悪くなるだろう。だが、それは誰かに告白して振られたとか、恥を忍んで言った言葉を思い切り馬鹿にされたとか、そういったものに近い。絣の言うレベルなら、笑い話にして流すことができるものなのだ。

 しかし、絣はそうできない。全て受け止めてしまうのだ。絣のその性格では、自己主張することは元々少ないのだろう。だから違うと言われれば反論はしない。
 そう。話せば話した分だけ、自分が傷つくことを知っているから。
 口を閉じ、目を逸らした絣を、結城は見つめる。
 他人と話すと、自分が傷つく。ならば絣は、ずっと他人を拒絶してきたのではないだろうか。いつ頃からかは分からないが、それに気付いてからは、自分が傷つかないように、他人との交流を避けてきたのではないか。

 しかし、それでは寂しすぎる。絣は会話の楽しさをほとんど知らないのだ。大勢の人間
と笑い合うこともできないのだ。
 それに。結城は思う。
 人は一人では生きてゆけない。人間的にも、社会的にも。
 そんな心を持ったままで、絣は就職できるのだろうか。面接なんて自分のことを話す代表的な場だし、その後も交流がないと生活は安定しにくい。
 学校でもきっと苦労しているだろう絣が、このままでいいのだろうか。
 
「……けどさ、絣ちゃん。成羽とは普通に話してるじゃないか。あんなに本心さらけ出して大喧嘩して……」
「成羽は友達です。他人なんかじゃありません」

 絣はきっぱりと言い放つ。結城はそれでああ、と先程の矛盾を理解した。
 絣の「他人」の定義は、普通と違うのだ。絣にとって他人とは、知り合い以下のよく知らない相手なのだ。そしてそれ以上の親しい人間が「友達」なのだ。だから、「他人」と話す時には控えめに、拒絶気味になり、「友達」と話す時には、おおっぴらに話せる。
「友達」はある程度自分のことを分かってくれるし、成羽のように図々しくても、受け流すことができるのだろう。しかし、「他人」は自分を分かってくれない。本人にその気がなくても、自分を傷つける可能性がある。だから拒絶するのだ。分かってくれる訳ないと分かっているのに、分かって欲しいと願う。むしろ、ほとんどそれを押しつけているのだ。
 そんな、傷つきやすい自尊心。それを傷つけたくないから他人と話さない。他人と話さないから、余計に自尊心が強くなる。そして、肥大化した心を守ろうと、より一層他人を拒絶する。

 なんて悲しい、悪循環。
 そんなことでは、友達なんてほとんどできないはずだ。友達になるには話さなければならない。だが絣は、「友達」でなければ本心で話すことはできない。本心が言えなければ、友達にはなりえない。どうにもならない話だ。
 恐らく成羽のことだから、一方的に話し、絣が相づちを打つことで、少しずつうち解けていったのだろう。しかし、世の中はそんな人間ばかりではない。絣は損をするだけだ。

「自分が傷つくのが怖いからって……そんなんでいいのか?」
「……良くないです」
「じゃあ、何とかしないと」
「何とかできればもうしてます。でも、できない……どうしても、怖くて……」
「だけど、いつまでもそうしてる訳にはいかないだろう?」
「でも怖いんです!」
「ああ。分かるよ。異質なものに拘わるには、必ず恐怖がつきまとうからな。でも、それを越えないと……」
「越えられません……」
「はなから諦めるなよ!」
「分かってます!そんなことくらい分かってますよ!何度も挑戦しました。話しかけて、笑って……一生懸命努力しましたよ!だけど……駄目だったんです!」
「挑戦に挫折はつきもんだ!慣れるんだよ!」
「嫌です!慣れるまでが長いから嫌なんです!」
「絣ちゃん!!」

 テーブルを叩いて立ち上がったところで、結城は自分が何をしていたか気付いた。気持ちを落ちつけて、座布団に座り直す。
 絣は泣いていた。顔を膝にうずめ、肩を震わせている。嗚咽が漏れているのが聞こえた。
 
「……ごめん、絣ちゃん」

思わずムキになって絣を責めていたのだ。そのことを謝る。

「……いえ。私こそ……」

 顔を上げず、絣はそう答えた。
 
「でも、本当にそうだぞ?大変だけど、頑張らなくちゃ」
「はい…………」

 沈黙が流れる。それに耐えかねて、結城は立ち上がった。
 
「ちょっと、散歩してくるよ。朝ご飯、ごちそうさま」
「はい…………」

 音を立てないようにそっと廊下に出る。その時、うずくまったままの絣の呟きが、かすかに耳に入った。

「やっぱり……話さなければ良かった……」
「………………」

 聞こえなかったふりをして、結城は長い廊下を歩いた。
 傷つけてしまったのだ。絣は「他人」に自分のことを話してしまった。結城はそれを批判した。だから絣は傷ついたのだ。

「…………ごめんな」

そう残して、結城は玄関の引き戸を開けた。
 高くなり始めた日の光が、繁った木の葉の間からこぼれていた。

(第四話 その1へ続く)

[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!