[通常モード] [URL送信]
72-2 Zephyr 第三話 縛られた心(その2)
「お待たせしました」

 朝食が完成したらしい。キッチンから三人分の食事を運んでくる。
 
「あ、手伝うよ」

 結城も立ち上がり、居間とキッチンを往復した。
 メニューは、ご飯に豆腐と大根のみそ汁、山菜の炒めものとししゃもを焼いたものとデザートに、さっき採ってきたらしい苺があった。

「ちょっと待っててください。成羽起こしてきます」
「ああ。あ、絣ちゃん。電話どこだ?香子さんに朝食要らないって言っておきたいんだ」

 電話は廊下にあることを教えられ、結城は「みよし」に電話をかけた。朝食は絣の家でとる旨を伝えておく。香子さんは快く承諾してくれた。
 用件を伝え終え、結城は居間に戻ってきた。座布団に座っていると、廊下の向こうから絣の声が聞こえてきた。やはり成羽を起こすのは大変なのかもしれない。絣が成羽を起こそうとして苦戦している様子を想像して、結城はぷっと吹き出した。
 しかし次の瞬間、その笑いは消え失せた。
 
「早くしてよ!もたもたしてると、チェーンソーで頭虎刈りにしちゃうよ!」

 物騒な叫びに、結城は思わず声の方を振り向いた。
 今のは間違いなく絣の声だった。だが、とても絣の口から発せられた言葉とは思えない。
 結城が唖然としていると、絣が戻ってきた。
 
「もう少し待ってください。今、成羽が来ますから」

 おざなりに頷いて、結城は絣を見つめた。さっきのセリフは何だったのか聞きたかったが、恐くて聞けなかった。
 しばらくして、成羽が現れた。
 
「あー……おひゃようごじゃいます、かわもとさん……」

 顔は洗ったのだろうが、まだ完璧に眠った頭で、成羽は何とか挨拶をした。
 それから三人で食べ始めた。顎を動かすことで覚醒に成功した成羽はよく喋った。絣はそれにいちいち相づちを打ち、結城は時折口を挟んだ。
 それは、ある一つの「家族」の食卓だった。
 
「……それでですね川本さん。神楽の練習で疲れてたあたしに、絣何て言ったと思います?」
「さあ……」
「ゴボウとってこいって言ったんですよ!自分がとるの忘れたからって!あれ引っこ抜くのすんごい大変なのに!死人に鞭打つような真似したんですよ、この女!」
「……そうか」
「ちょっと!あれは成羽の勘違いじゃない!私は掘っておいたのを取って来てって言っただけだよ!成羽が勝手に掘り出しただけじゃない!」
「説明が足んなかったのよ!あんたってどうしてそう口下手なのよ!」
「関係ないよ!成羽の頭のキレが悪いだけでしょ!」
「あんたに言われたかないわよ!それにあの時あれ、使わなかったしさ!」
「仕方ないじゃない。成羽が戻ってくるの遅かったんだから!」
「あたしは疲れてたのよ!」
「私だって料理の最中だったってば!」
「絣が悪い!」
「私は悪くないよ!」
「いんや、間違いなくあんたが諸悪の根源!」
「人を悪魔みたいに言わないでよ!」
「疲れた人間をこき使うな!」
「その言葉、そっくりそのまま返してあげるよ!成羽の失敗の後始末、全部私がやってるんだからね!」
「ちょっと!人を悪魔みたいに言わないでくれる!?」
「その言葉もそのまま返してあげるわ!」

 食後のお茶を飲んでいる間、二人は白熱したバトルトークを繰り広げていた。だんだんと争いが低レベルになっているが、その分二人はお互い本気になっているようだ。面白いので、結城は止めなかった。

「だぁいたい、何だってあんなに土地が広いのよ!」
「知らないよ1昔のことなんか!」
「もっと楽させてよ!機械買う金くらいあるでしょ!」
「あるけど今は使いたくないんだって!私が就職したらって、何度言ったら分かるの!?」

 そこからは、喧嘩の内容がかなりドメスティックになっていった。
 秋月家は、資産は大量にあるものの、収入は少ないらしい。その分支出も少ないので釣り合いはとれているが、高価な物を買い入れるわけにはいかないようだ。
 しばらくして、二人の騒ぎは何とか沈静化した。成羽が天宮神社にアルバイトに行く時間になったのだ。
 続きは帰ってからね、と捨てゼリフを残し、成羽は家を出て行った。
 残された結城と絣は食器を洗い、再び居間で向かい合って座った。
 
「はあ……今度は何を言いがかりにするつもりなんだか……」

 心底心配しているように、絣は溜め息をついた。今度は、と言っているということは、二人の口喧嘩はよくあることなのだろう。

「絣ちゃんてさ」
「はい?」

 結城は、注ぎ足した緑茶を一口すすってから口を開いた。
 
「……最初会った時と、だいぶ印象違うよな」
「え……そう、ですか?」

 自覚がない、といった風に、絣はきょとんとした顔で答える。
 
「いやさ。俺は、絣ちゃんはもっとおとなしい子かと思ってたんだよ」

 世界を朱色に染める大きな夕陽を、遠い眼差しで見つめていた少女。儚さと寂しさを持ち合わせた表情は、今でもはっきりと覚えている。

「けど、ああして成羽と喧嘩してるとこなんか見てると、普通って言うか、むしろ快活な
方なのかな、って」

 腕組みをして結城は絣を見た。
 ウエーブのかかった長い黒髪も、深い瞳も、線の細い体も、全て同じだ。夕陽の中だったからそう見えただけなのだろうか。

「そうですか……」

 ふっと、絣は目を逸らして俯いた。それがなんとなく初めの頃に似ていたため、結城は思わず声をかけた。

「どうかしたか?」
「いえ…………川本さん。印象が違うって言いましたけど、それはちょっと違います。最初に会ったときも、成羽といるときも……どっちも素の私なんですよ」

 かすかに笑って、絣は言った。
 
「……どういう事だ?」

 正反対すぎる雰囲気であるのに、どちらも素であると絣は言う。多重人格なわけはないのだから、「本当の」自分というのは一つではないだろうか。

「私はね、川本さん。……他人が怖いんです」

 膝を折り曲げ、体育座りのような格好で絣は言った。真っ直ぐな瞳が結城を見つめる。
 
「他人が、怖い?」
「はい。より正確には、他人と話すことが怖いんです」
「……何でだ?」
「……他人と話すと、話した分だけ、自分が傷つくから」

 何かに脅えるような表情で、絣は目を閉じた。
 他人と話すと、話した分だけ自分が傷つく。絣の言葉を結城は反芻した。しかし、どうにもよく分からない。何か悪口を言われることが多いのだろうか。
 そう思って結城が聞くが、絣は首を横に振った。
 
「別に悪口という訳じゃありません。普通の、はたから聞けば他愛のないお喋りでも……私は傷つくんです」
「何でだ?普通の話題なら、絣ちゃんが傷つく事なんてないんじゃないか?」

 結城はごく当たり前の疑問を口にした。
 そう。普通ならそんなことで傷つく人間などいる訳がないのだ。
 しかし、絣はふるふると首を振る。
 
「普通の話題……テレビにしても、ちょっとした日常のことでも……私は駄目なんです」

 上目遣いになる形で、絣は、テーブルの向こうにいる結城を見つめた。
 
「例えば……そうですね、自分のちょっとした体験談を話したり、好き嫌いを言ったり…
…そう、自分のことを言うと、傷つくんです」

 絣は一度、座布団の上で座り直した。
 
「ほんの些細なことでも自分のことを話してしまい、それにほんのわずかでも批判されたり、自分の考えと違うことを言われたりすると……私は、そういうときに、すごく傷つくんです。言わなければよかった、って……」

 そこまで話して、絣は言葉を切った。

 
(第三話 その3へ続く)


[*前へ][次へ#]

無料HPエムペ!