[携帯モード] [URL送信]

アクマ
*
.



そうして、馬車の速度が緩み

石の土台に深緑の檻のような背の高いフェンスを越えて、どうやら屋敷の庭に入ったようだ。
ところどころ草が繁り、バラが荒れて雑草のように見える。


車輪がギュイイと甲高い悲鳴を上げて ゆっくりと止まった



取れた窓の戸を嵌めなおし 暇潰しに外の景色を見るのを諦めて おとなしくしている事にする


馭者役の主が席を降りて、こちらに回るのがわかって

まるで、はじめてヨソの家に預けられた猫のような気分になりながら 待つ


入り口が開いて、窓が外れた時と比べ物にならない陽光が目に刺さる。
ふと、差しのべられた手に 面食らいながらしばらく考える


私に手助けか


すると、焦れたのかその手が私の脇に差し入れられ

まるで幼い子のように馬車から降ろされたのだった。


そのまま ポンポンと頭を撫でられ、主が目線を合わせるかのように腰を落として、にっこりと微笑む


わけがわからないよ

何事か、としばらく見つめあっていたが おもむろに主は立ち上がると

「しっかし、ばっちいなァ?まずは風呂だな」

と言って また 頭をぽんぽんと撫でた。

.

[*前][次#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!