[携帯モード] [URL送信]

アクマ
ごはんですよ





***


幼いセシール嬢、麗しの妹君との短い面会をすませ、内心ぐったりしながら部屋を後にする

灰色とオレンジ

黄昏時に差し掛かったホコリっぽいにおいの 薄暗い廊下を主の後について歩き

床がかん高くキイキイきしむ音を聞きながら

この人は、アクマについて知らなさすぎる、と実感していた。


とりあえず仮契約として、形だけ首輪 つーか、リボンは頂いたが


本来は、逃げられないよう鋼鉄や金属に革の物をガッチリとすべきであり



いや、逃げるには好都合だが、漬け込む隙が多すぎて

逆に不安になってくる。


逃げたとしても路頭に迷うし、捕まったら…



頭の片隅に殺処分される虎や獅子がちらほら浮かんで


色々、試されている、気分だった。



だが、わざわざ幼いセシール嬢を…虎に触れさせたりするのだろうか?


指を食いちぎられるかも知れないのに?





[*前][次#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!