[携帯モード] [URL送信]

アクマ










 湯気の立つパンのグラタン。
かさ増しにジャガイモの輪切りを底に敷き詰めて


湯気の立つそれを、ベットの上で食事を取る為のテーブルに並べ、カラシの効いた香りの強い葉物の炒め物を傍らに添える


セシル嬢、妹君の相変わらずほこりっぽい部屋で兄妹らの和やかな夕げ


彼女の避難場所予定の主の部屋がまだ片付かない為、まだほこりっぽいが
カーテンだけはきれいだ。



空気も朝昼入れ替える為か、咳き込むことも少なくなり

初対面では大人びて見えたセシル嬢は、今は兄である主相手に6才児らしく、きゃっきゃ笑いこけながら食事を取っていた。



頬も陶器のような青白さから薔薇色になり、血色もよくなった気がする。



それを眺めながら、二人の食事からひいて、壁際



匂いだけは美味しそうなこちらの食べ物に空腹を煽られないよう、なるべく嗅がないように控えておく


もし 仮に、一緒に食べ口に含んでも消ゴムやふやけた厚紙に絨毯、果ては泥を食べているようなそれらは


 どうもこの体には異物のようで …受け付けないのだ。




窓の外は宵闇。
室内は蝋燭が灯され、ほの暗い落ち着いた明かりに照らされ ゆったりと時間が過ぎていき。


寝床として陣取ったウォークインクローゼット、衣装部屋に早く引きこもりたかった。




[*前][次#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!