[携帯モード] [URL送信]

アクマ





浴室の軋む戸が開いて、ヨリが振り替えると泡と洗剤が混ざった水で滑る床に気をとられながら、


ただいまと、主がひょっこり顔を出した。


気がつけば、窓から射し込む日は黄昏

こちらの時間で夕方4時30分に仕事を終わらせ帰ってくる主が家にたどり着くのは馬で駆けて30分後




くたびれたようなため息を飲み込んで、夕食の支度のためカーテンを手放して


おかえりなさいませ、と口にした。




[*前][次#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!