[携帯モード] [URL送信]

アクマ




@@@



 屋敷じゅうの、ボロキレのが小マシなカーテンを洗うと干すのにも一苦労であった。



まあ、ただ生乾きのカーテンをカーテンレールに吊るすだけなのだが、重い重い。

後は窓から射し込む日の光と風が乾かしてくれるハズだが


吊るす前の脱水が、手作業なのだ。


「…なんでッこんの、家は、こんなに…汚ないンだらァ、っ」


人間よりも怪力で体が頑丈な悪魔でも、きっついもんはキツイのである。


 えびぞりになりながら、ようやく最後の一枚のカーテンを絞りきると




背後には、屋敷内で使われるシーツと掛け布団のキルティングに枕カバー諸々が 控えているのであった。


嫌がらせか、ッ


と内心つぶやきながらも、手を動かす。


かれこれ屋敷に来て一週間。ヨリは洗濯物と格闘していたのであった。



お陰でいまや、室内はホコリは目立たず、カーテンだけは7割キレイという戦果で


フル稼働で、働いているヨリは気だるい空腹を堪えていたのであった。

[次#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!