[通常モード] [URL送信]

アクマ









朝の光のなか、ホコリがキラキラと舞い


 窓を開ければ、引き締まるような澄んだ空気が流れ込む



 今朝がた、清潔に片付けられた食堂を兼ねた台所は、まるで聖堂のように凛とした空気をたたえ



日に透け、オレンジ色に髪を輝かせた青年は、そっと口を開いた。

「なぁ、そのさ。名前だけどさ」

「…なんでもかまいませんよ?」


即座に答えた悪魔に焦れたように、そーじゃなくてさ、と言い募る


「君の、名前は?」

悪魔と呼ばれる少女は面を食らったように、青年に視線をやった

まるで、その顔が何を言っているんだとも言いたげで、

しかし、呆れたように苦笑いしながら机に視線を向けると、小さな声で答えたのであった


「ヒヨリ、です。ヒヨリ タナカ」




そうして、契約は施行された。

悪魔は主の舌が回らなかった為、ヨリと呼ばれ、

青年はようやく悪魔の契約者、『悪魔使い』になれたのであった。





[*前]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!