[携帯モード] [URL送信]

アクマ





 廊下に出たとたん、まだ ホコリが舞う室内に目を細め 口を袖で覆う

チラリ、悪魔がそれを見て口早に


「…勝手な事をして、申し訳ありません」

と謝ったのだった。
なにを、謝ることがあるのだろう?

訳がわからず、その視線を捉えれば 眉間にシワを寄せられ、そうして浅いため息を吐かれると スタスタと先を急ぎ始めた。



置いてかれる


慌てて追い付き、隣に並んで階段を下りて、台所にたどり着いた




扉を開け、一歩踏み込めば、そこはお湯と乾いた布と石鹸の臭いがした。



…綺麗だ


嫌な臭いも、天井のススすら、薄い灰色を残すのみであった。


艶々の皿がテーブルに並べられ、湯気をたてるパン粥とサラダ、セシルには付いてなかったチーズが削られ それぞれに振るわれた。

「味は保証いたし かねます」


キッパリとそう言った彼女に、昨夜の『人の食べ物は』の会話を思い出しながら、恐る恐る口にする


 悪くない、

むしろ優しい味で好ましい


店屋物以外の暖かい食事は久しぶりで懐かしいく、ゆっくりと空っぽな胃に落とし込みながら、鍋に余分に在った分まで空にして


ようやく一息ついた時、彼女は待ちかねたかのように

「お食事が済んでスグに申し訳ありませんが、(とっとと)残りの契約片付けませんか?」

と、軽く前のめりで そう言ったのであった



[*前][次#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!