[通常モード] [URL送信]

アクマ
ごはん、ですか?




えづきそうな く、…痛んだ食べ物のにおい

四角い箱のような、かつては真っ白い壁だったのであろう部屋は

天井が 煤で黒い。


床と、膝下までの板張りの室内はどうやら

「な んだ、この臭い…、」

あまり、手入れというか、主は寄り付かないようだった。


「………………あー、なんか、……買ってこようか、缶詰しか無事そうなものが」


ガガガと、簡素ながら繊細な細工の施された木の椅子が、引かれて


気恥ずかしそうに、席をすすめられ


無理矢理室内に運び込んだらしい7人掛けのテーブルに難儀しながら、その椅子に座る


目の前に、手のひら大の挽き肉の缶詰と桃のシロップ詰め、豆の缶詰がゴロゴロと置かれてゆき、



「これは、食べてもいいんですか?、」

と、一応聞いてみる

「あ?いいよ、いいよ。好きなのから食べてって?本と悪いけどそれしか無いんだよね、」


苦笑いしながら、振り返った主を横目に、やはり知らないかと


か細く、長く 落胆しながら息を吐く


「、…そうではなく」

私の声色がかわったのがわかったのか、どこか不思議そうな真面目な顔をした主は


「私は、普通の…こちらの一般的な食べ物は、口に出来ないのですが」


そう言った私を見て、驚いた顔をした。




[*前][次#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!