[携帯モード] [URL送信]

マオユウ
07



風がそよそよと流れて、互いに何も言わないままぼんやりと空を眺める


「ねぇ勇者。」

何気なく声をかけ、振り向いた。

まるでスローモーションのように彼女の鎧がふらついて

ドガッ、ガシャンと力一杯 草地に叩きつけられた。







鈍く光る鎧の下、ぐもった声が苦しげに息を詰めた。
手元は心臓を押さえ、かきむしる。


途端に魔王は、勇者が抱く卵に魔力が足りてない事に気がついた。


だから卵は、死にかけていた。そして勇者も、危なかった。魔力のかわりに命を注いでいたから。


狼狽しあたりを見回すが、誰も居ない。そう自分以外は。


グッと歯を食い縛り、体をくの字に曲げた勇者を見て魔王は腹を括る。



手のひらに魔力を、不可視の力は日の光のように目映く輝き、
鎧越しに当てた手は、確かに卵に力を与えて。



激痛にぐったりと気を失った彼女を抱えあげ、ショタこと魔王はゆっくりと草原を後にすることにした。


[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!