[携帯モード] [URL送信]

マオユウ
10




息を詰めた、喉に引っ掛かるような声。
苦痛がにじむそれに、男は慌てて手をひいた。


象牙色の肌、固く閉じられた黒い睫毛が震え。
ゆっくりゆっくりと薄く目が開いていく。

「…起きたか」

どこか苦さを滲ませた低い声に吸い寄せられるように勇者の黒い瞳が銀色の男を見た。


ぼんやりと鈍い光を灯した目が、男の白目の無い黒と銀の目と目が合うと見開かれ

「…ぃ、 った、 、ァ?」

声をかけようと口を開くがその喉からは、かすれた音しか出てこなかった。

けれど、目は口ほどに物を言う。


痛そうに唾液を飲み込んだ彼女は、目を和らげ安堵したように口元に微かな笑みを浮かべ

良かった、と声もなく唇が動いた。




[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!