[通常モード] [URL送信]

dream
猫ふたり/田中ドリ





『れいなってやっぱり猫だよね。』





よくメンバーに言われる一言。

まぁ自分でもそう思うけん、別に気にしとらん。

というか逆に嬉しかったりするんやけどね。





「なーにをニヤけてるんだお前は。」





は、いかんいかん。

知らん間にニヤけていたらしい。

しかも目の前の人物にそれをガン見されたとは。





「恥かしいやっちゃなー。」

『なっ!酷いっちゃ葵姉ちゃん!!』





口端をひくつかせてこっちを見るのは、れなのお姉ちゃんーー田中葵。

れなの・・・一番大切な人。





「家の中だからってそんな顔するなよなー。姉として恥かしいぞ妹よ。」

『い、家なんだからいいっちゃろ?』

「そりゃそうだけど、ちったぁ引き締めとかないと。ま、れいなのリラックス出来る場所になれてるんなら嬉しいけどな。」

『葵姉ちゃん・・・。』





さらっと、そんなことを言う葵姉ちゃんはカッコ良い。

幼い頃かられなの事を大切に想ってくれてて、何時でも助けてくれた。

れなの前じゃこんなんだけど、人前じゃクールな少年って感じ。

れなと違って人に懐かない孤高の猫ってイメージ・・・と、絵理とさゆが言っとった。

後藤さんに憧れたのは、そんな葵姉ちゃんに似ていたからかもしれない。



後ろから腕を伸ばして葵姉ちゃんに抱き着く。

顔を肩の辺りに埋めると、葵姉ちゃんがフッと笑ったのがわかった。





「甘えん坊め。」

『甘えん坊で良いもん。』

「ふはっ。ったくしょうがないなぁウチの妹は。ほれ、おいで。」





ひょいっと葵姉ちゃんが広げた腕の中に転がり込む

抱き込まれてぐしゃぐしゃと頭を撫でられた。

そうしてもらうのが、れなの一番のお気に入り。

お礼の気持ちを込めて葵姉ちゃんのほっぺにキスした。





「・・・れいな」

『にゃ?』

「お前ってばマジ猫みてー。・・・可愛いなぁもう!!」

『うにゃ!!?』





れなの髪に鼻を埋めてくる。
ぐるる、って葵姉ちゃんが喉を鳴らす音が頭の中に響く。

・・・れながこれに弱いの、知っててやっとるとね?

こうされたられなの負け。

くすぐったいし反撃できないから、もう葵姉ちゃんのされるがまま。



ちうー、なんて可愛く額にキスされて。

あぁ ・・・絶対今、顔真っ赤。





「愛してんぞ。我が愛しの妹よ。」

『れなも葵姉ちゃん大好きやけんね。』





普段はクールだけれど妹想いな猫と、姉が大好きな恥かしがり屋の子猫。

今日も今日とて同じベッドで丸まって、同じ幸せな夢を見る。



すやすや眠る猫ふたり

唯々大切な君と 大切な時を抱き合う。












Fin.



感想お待ちしております

[*前へ][次へ#]

4/8ページ


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!