[携帯モード] [URL送信]

ザ・時雨さんが運営中。
二つ目の話題。
――ろっちーが入室しますた!

「…あ?」

さっきまで俺何してたっけ?確かノンちゃん達と一緒に池袋に…あれ?

「ってか何この和室。ちゃぶ台と座布団とティ○ァールしかねえし。」

あれ…確かさっき何か得体のしれねー奴に引きずり込まれたような…

「…ってかこんなの…アリかよ?」

やあやあ、ろっちーお初にお目にかかりまっすー!

「…まさか!」

いえすいえす。

「おいこr…ボフッ!」

だから何でだよ畜生!前回の正臣もそうだったけども!?なんでおいころなの?まあ確かにおいのサイトの方が面白いよ!?でもひどいよ!?かなり!

「結構効いたぜ…不意打ちってズルくね?」

君は今あっしの人気ランキング2位に居るんだよ!?でもね!?いくらなんでもそれはないわよ!!

「つか誰だよお前は後その口調止めろ気持ち悪い」

すっげ!どこで息継ぎしたの!?

「で、犯人はお前か作者」

いえすあいでゅー!ま、座りなさいや。ドタチンも来てるよ

「よう、千景」

「うおおおう!?門田!?いつから!?」

「さっき時雨と入ってきたんだ」

いやーたまたまそこで会ってね。ろっちーも呼んでるからって言って連れてきますた。ちなみに狩沢さんたちはメイトっす。

「…お前はドラ○もんか」

そんなバカな。いやでもど○でも○アほしいとか思うけども。まあそんなことよりもテ○ファールで沸騰させた湯でお茶出来たから飲みな!

「ティフ○ール強調すんなよ」

おま、ティファ○ルなめんなよ!カップラーメンがやかんより早くできんだよ!?水入れてカチッ!だよ!?

「何その○ィファールへの飽くなき執念」

「ってかなんでティ○ァールの話で口論になってるんだ?とりあえず落ち着け」

ふう…で、8巻二人とも出番なかったよね?あ、ろっちーは7巻からか…二人とも好きだから出番増えろー!!

「なんか軽くイラッて来たんだけど…」

「まあ、時雨に悪気はねえだろ」

ドタチン…!やさしい…!!

「で、それより時雨一つ聞いていいか?」

はいはい、何でしょう?

「時雨って名前の由来ってなんなんだ?」

ああ…この名前はね、復活夢のヒロインからとったんだよwちなみに名字はろっちーと同じという奇跡!

「ああ…あの子か…あの子可愛いよな…」

なんで知ってるんすか!?これはおいころしか知らないハズなのに…!?

「ああ、俺、一応そういう情報網持ってるから」

!!?マジで!!?

「…確か…G寺H人…だっけな…そいつに聞いた」

ちょおおおおおおお!!!?マジで!?奴が!?

「ああ。」

すごいなTo羅丸…さすが総長の六条千景だ…

「そんな由来があったのか…結構多用してるな…」

まーね!あとね、鏡とは陽とかそんな子もいるよ。

「鏡なら知ってるぜ」

「俺も」

うん、知ってる!もっと話したいけどお開きだ…くうう…

「おし、じゃー帰ろうぜー門田ー」

「おう」

「また来てやらんこともないかもなー」

え、まじすか千景さん。

「多分な…まあ普段はナンパで忙しいから。」

ほんと紀田君と似てるよね…じゃまたどーぞー!

「じゃあな、時雨」

ドタチンもお元気でー!!

――ろっちーが退室しますた!
――ドタチンが退室しますた!

二つ目の話題終わり!次は…どうしようかなー…



[ばっく!][ねくすと!]

2/4ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!