[携帯モード] [URL送信]

〜龍と刀〜
後夜祭!W
鈍い衝撃音の後、全速力で教室へと逃げ込んだ陽と井上。特に井上は、命からがらといった感じでへたり込む。

「あれ、龍神?帰ったんじゃなかったの?」

教室に入り、呼吸を整えていると中島が陽たちの存在に気付き声を掛けてきた。

「おっす中島。暇になったから舞い戻って来た訳だが……クラスの片付けはもう終わったのか」

視線を巡らせたが、それぞれが適当に会話のグループを成している。床も綺麗なり、『文化祭!』と書かれていた黒板も改められ、『後夜祭!』へと変更されているではないか。

「当然だよ。みんな後夜祭を楽しみたい一心で、片付けも全力を尽くしたんだからね。二人ぐらい欠けてたくらいじゃどうにもならなかったよ」

「そうか。それで中島、一つ聞きたいんだがな?これは何で追われてたんだ?」

皮肉混じりの言葉をしっかりと受け止めると、親指で井上を指し示し、首を傾げてみた。

「おまっ、それお前のせいなんだぞ!龍神の代わりにスタコン出たら……あの様だよお!」

急に元気になった井上が今までの不満をぶちまける。
だが、陽はまるで相手にしていなかった。むしろこうなる事は想定内だ、とでも言わんばかりの澄まし面である。

「やっぱバカだな……乱入者が正式に認められる試合があるか?それと一緒だぞ」

「そうそう。しかも笑いすら取れなかったんだって?何しに行ったの?」

「お前らヒドいよ!そんなに俺を陥れるのが楽しいのか!」

そう言われた二人は顔を見合わせ、即答。

「楽しいに決まってるじゃないか」

「ああ。楽しいな」

「何なのこの人たち!?非道だよ、非情だよ、冷酷だよー!」

わざとらしく泣き声を上げてその場にうずくまる井上を無視して、話は進む。

「そういやぁ、誰が優勝したんだ?」

「いや、まだ決まってないよ。全ては後夜祭でね……龍神にも、まだチャンスはあるんだよ?」

「は?それはどういう意味だ?」

スタコンは終わりを告げていたのではなかったらしい。しかも、後夜祭が鍵、となると……。

「敗者復活戦、か……」

「その通り。それに、文化祭期間中に生徒会やらがアンケートを取ったり、同じクラスの人間に出る資格があるかを聞き回ったみたいだね。女子限定で」

「なぁ、やっぱり出なきゃダメか?人前は苦手なんだよ」

頭を抱えて座り込む陽。内心では棄権でもしてやろうかと目論んでいる。別に人前に出て披露してやるほどの事など無いのだから、と思っているからだ。

「まさか、出場しないなんて事は無いよねー」

「えぇー、する訳ないよー。あの龍神くんだよ?」

「だよねー」

そんな陽の気持ちが漏れだしたのか、クラスの女子陣にさり気なく責められてしまう。

「くぅ……人の気も知らないで……」

「まあまあ。良いじゃないか龍神」

ふと、中島が気を遣ったように耳元で囁く。

「たまには、みんなにも龍神の良いところを見せないとね」

「中島、お前……」

「あ、失敗しても良いんだよ?その分色んな人からの評価は落ちるだろうけど」

ただの嫌味だった。

[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!