[携帯モード] [URL送信]

短編小説
ワールドワールド
要らない物は全て捨て去ったつもり。
大量生産されたものなんか、もちろん。
君への想いすらも捨て去った。


ただ、


理由は分からないけど、
たまに無償に寂しく思うんだ。

人恋しいわけじゃない。
況してや甘えたいわけでもない。
ただ、ただ
誰かに触れたくてたまらなくなるだけ。


そう思った瞬間、身体中を駆け巡るのは、昔の残像と君の懐かしい香り。
思い出したくないと思っているのに。
思い出しても仕方ないと分かっているのに。


なのにどうしてか

捨て去ったつもりのものは全て自分の中にしまわれていて。
気付くとその扉を開けていて。


その扉が開いた瞬間、


どうしようもなく、ただ涙が溢れるんだ。







ワールドワールド

[*back][next#]

28/29ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!