[携帯モード] [URL送信]

短編小説
Promise for you?
気付いた時にはもう遅くて、
目の前に広がる光景に唖然。

ざわめきが聞こえた。
ああ、ああ、と、掠れた声が出た気がしたんだが、どうやら声には出ずに、心の中で消えてしまっていたようだ。

「…………、」

群がる人々はソレを見つめて騒然。
一体僕らに何があったの?



(お前が、お前が、お前が、)

お前が約束さえ破らなければ、こんなことにはならなかったんだ。




倒れてゆく君を目で追いかける時にはもう遅くて、
見つめる君に微笑まれて僕は呟く。

倒れゆく君は僕に届かぬ声で囁く。

お互いがお互いに、「ありがとう」と。


俺がお前に言った理由も、お前が俺に言った理由も、どうして言ったのか、全く分からない。
「ありがとう」と言えるなら、今こんなことにはなっていないはずなのに。

(お前が、お前が、お前が、)


伝わらないなんて、分かっていたんだ。
それでも何処かで通じ合う気がして、
君のことを信じて、結果失って。

(お前が、お前が、お前が、)



流すのは涙?それとも身体を駆け巡る、赤い液体?




「お前が…………っ!」




正気に戻れない気がしたのに、人間というヤツは意外と冷静で。
だけど気付いた時にはもう遅くて。

しかし、コイツはもう死ぬんだなと気付くには早すぎて。

気が付きたくなかったのに。
そんなことばかり、早く気付いてしまって。



ただただ倒れゆく君に、

僕は「ありがとう」と。


君もどうしてか、

僕に「ありがとう」と。


お互いがお互いに、交わし合ったんだ。




(お前が、お前が、お前が、)



全てお前が悪い、
お前が、お前が、お前が、



ああ、
そう、お前に伝えたいのにも関わらず、声にならないのは何故?




「………お前がっ、」



お前が、好きで。
お前が、俺を夢中にさせたから。



全部全部、お前のせいなんだ。














Promise for you?

[*back][next#]

27/29ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!