[携帯モード] [URL送信]

短編小説
タイムリミット
「現在、こちらの番号は使われおりません…。現在、こちらの番号は……」


プツッ…と音がして、先ほどまで聞こえていた声は聞こえなくなった。
気付くと押していた、電源ボタン。
携帯画面には、2分37秒と書いてある。


この2分37秒間、俺はあの幾度と繰り返される言葉を聞きながら、一体何を考えていたのだろうか。


ぶらん、と力無くぶら下がる腕の先に持つ携帯をもう一度見て、思い出すことにした。


電話を掛けた相手は、ずっと思い続けたヤツで。
半年以上前に別れて、それから連絡は途絶えた。
好きなら連絡くらいすれば良いのだが、そう簡単に出来ないんだ。
理由も無しに電話をすることくらい、親友ならば普通のことだが、意識し過ぎた自分には不可能なことで。
何かしら話す内容をまとめておかないと、何も話せずに終わってしまうかもしれなかった。
つまり、要は俺が不甲斐ないばかりに半年以上連絡を取ることが出来ず、やっと話すネタが出来たと思い掛けてみれば、電話番号は変わっていた、というわけだ。


「タイムリミットは過ぎていた」
いつか、アイツがぼそりと呟いた言葉を、俺も呟いてみる。
大好きな女の子に告白したが、フラれて落ち込んでいた時に言っていた。
確か、メールアドレスの交換、デートの約束…までは上手くいっていたはずなのに……。


(……何で上手くいかなかったんだ?)


そういや、デートの約束まで漕ぎ着けたのは、卒業まであとわずかな時で。
彼女が卒業しても連絡を取れる様に、と番号を教えていたんだ。
だけどアイツはバカの中のバカで、結局電話を掛けられたのは半年以上経ってからで…。


(その時も確か……)


電話を掛ける時、何でか一緒に俺も付き合わされて。
顔を真っ赤にして、指先を震わせながら電話を掛けるアイツは、あまりに滑稽で、あまり愛しくて。


(んでその時も、)


携帯電話から聞こえてきた声は、予想を裏切る知らない女性の機械的な声で。
何十回と、フリーズして動かなくなったアイツの耳元から、何度も聞こえてきていた。


「………ああ」


そうだ、あの時も。

アイツはバカで、好きな子にさえ電話一つ簡単に出来なくて。
ただの友達の関係だったのに。
アイツは意識し過ぎていたんだ。


「………はっ、」


まるでそれは、
「今の俺じゃねぇか………」






平行線の関係であるのに、意識し過ぎた俺とアイツ。

俺がアイツに。
アイツはあの子に。


半年経って、やっと気付くこの気持ち。

ああ。
お前はあの時、こんな気持ちだったんだよな。




「タイムリミットは過ぎていた」

泣きじゃくりながら言ったこの言葉は、あまりに馬鹿な発言だと思って聞いていた。

カッコつけんなよ、と慰めるとアイツはもっと涙を流して。


お前がもっと早くに掛けていれば、今は変わっていたかもしれないのに。
声には出さなかったが、震える肩に触れながら、ただそれだけを考えていた。



「……タイムリミットね」



そうだ。
俺もお前と同じ。


どうして半年以上も経った今、お前の失敗を俺が繰り返しているんだろうか。



「あーあ……」


床に腰を落として、肩を震わす。
バカなのは、俺もだ。
アイツをバカにしていたのは、俺なのに。



ガタン、と突然携帯の落ちる音がした。


ああ、ああ。

アドレス帳を開けば、一番最初にお前の名前が見えていたのに。


「…………」


別れる時に伝えられた番号。その日の内でも、次の日でも、何でもないことを話すだけで良かったんだ。


俺がもっと早くに掛けていれば、今は変わっていたかもしれないのに━━━…。





携帯に手を伸ばし、震える指先でもう一番あの番号を押す。

あの時のお前と俺が、まさか被っているなんて。



『プルルルル………』




ああ、頼むから頼むから。

その機械音の後に続く声が、アイツの声であります様に。

ああ、頼むから頼むから。
タイムリミットはまだ、過ぎていないでくれ。




『プルルル………プツッ、』


「白壁、俺………、

お前に話したことがあるんだ、」





























タイムリミット

[*back][next#]

26/29ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!