[携帯モード] [URL送信]

短編小説
身長差。 別side
静かな図書館。

訪れた理由は特に無いけど、目に止まったものがあった。

それは難しい文章が書き綴られた歴史のある本ではなく、今時流行りの小説でもなく。
“もの”というよりも“人”だった。




何を取ろうとしているのかは、すぐに検討がついた。

きっと、あの小説が読みたいんだな、と。

置いてある棚は、彼の身長よりも少し高い位置にあって。

背伸びをして、手を精一杯伸ばすが届くことはなく。
ただ何度も何度も、同じことを繰り返していた。



(……何かに乗りゃいいのに)



少し探せばあるだろう脚立を、彼は何故か使わない。
もしかすると、届くと思っているのかもしれない。


「バカ」

静かな図書館では、少し小さくしただけでは響いてしまうから、殆ど声にならないような声で、ぼそっと呟いた。
おかしなヤツだと、心の中で笑いながら。


足音を鳴らさない様にそっと近付き、腕を伸ばせば軽く届いた。


驚いたのか、本が取れるなりすぐに後ろを振り向き、俺の顔をまじまじと見つめてきた。


「無理すんな」
一言、皮肉たっぷりに言うと、彼は顔を真っ赤にして受け取った。

本を渡すその時、軽く触れた手が妙に熱を持っている様に感じた。




振り向かずそのまま図書館を立ち去る。


後ろは決して振り向かない。




「…バカなヤツ」


そうは言ってみたものの、先ほど触れた感触が、未だに残っている気がする。

何故だか、また彼が居るなら、また図書館に足を運んでも良いと思える。



ふと思い出すのは、バカみたいに背伸びして本を取ろうとする彼の姿。


また彼が居るのなら。
また背伸びをして、取りたい本を取ろうとしているのなら。


「仕方ないな」



理由もなく訪れた図書館に、次にまた来れる理由が出来た気がした。



また彼が困っているのなら、彼が憎たらしく思っているであろう背丈で、彼の役に立つつもりだ。



「身長が伸びないように」


彼には悪いが、図書館にくる理由を失わないの為にも、些細な些細な願い事をした。














身長差。 別side

[*back][next#]

25/29ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!