[携帯モード] [URL送信]

短編小説
愛してる、なんて。
ストレートなパンチを喰らって、ようやく事態は把握された。


ああ、なんて夢見がち。



手を伸ばしても届かない星は数多くあって、


それは星に限らず、愛しい人でも言えること。





君の優しさに惑わされていた。



好きだったよ、本当に。

心の底から言えるよ。大好きだった。





君の幸せな顔を見たことはない。
君の笑った顔、困った顔なら見たことはあるけども。



あの子だけに見せる君の笑顔。



幸せだよな、好きだからな。







ああ、




好きだって気持ちは押し殺して


君らを応援することを、



出来るのか俺は。



ああ、ああ。


優しさに惑わされたんじゃない。


ただ勝手に勘違いしてただけ。



君の態度は、誰にでも向ける態度だ。



決して自分だけのものじゃない。



















愛してる、なんて。

[*back][next#]

23/29ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!