[携帯モード] [URL送信]

短編小説
Merry merry christmas.
他人事、恋人行事。


メリーメリークリスマス。


つまんないね、一人ぼっちじゃ。

見渡せば、クリスマスカラーに染まった街。ああもう、バカばかりで嫌気が指す。

昨日まで自分だってバカなやつと一緒に居たはずなのに、何でまた今日に限って、一人ぼっち。


メリーメリークリスマス。


雪も金も降らない街は、濁った風がびゅうびゅう吹いてる。

吸うと身体中が汚くなる気がして、バカな俺はまだ吸えずにいるよ。

どうしてくれるんだよ。お陰で呼吸困難だ。

くたばれって叫ばれた女が、知らぬ間に消えてた。
と思ったら、次の日新聞やワイドショーに出てやがるときたもんだ。ちくしょう、俺のお気に入りの番組まで出てやがる。

俺好みの可愛くてくりくりした目のアナウンサーが、ぱくぱくと口を動かした。

被害者の名前、ああ、やっぱりあのバカ女の名前と一緒か。


ちよ、ちよ、ちよ。


スズメみたいな名前をしやがって、なんて言うといつも嬉しそうに笑っていたバカ女。

メリーメリークリスマスに、サンタの親父は、どうやらデカいプレゼントをくれたみたいだ。



遺書。



あのバカ女が、俺宛てに書いていた手紙。


『貴方のことが好きでした。だから、貴方の全てを愛していました。今もこれからずっと先も。なのに貴方はそうじゃなかった。貴方の目線の先に私はいなかった。私じゃないことなんて気付いていた筈なのに、どうしてか勘違いをしていたようです。貴方が私を愛している、などと。ですが、貴方の本心を知って、改めて認識して、私は決意しました。死にます。だから、私という重荷が無くなった貴方は、本当に大切な人に、その想いを届けてください。私からの最初で最後のお願いです。ですが、貴方のせいだけで死ぬわけじゃないので、安心してください。前から、生きていることに嫌気が指していたんです。だけど、貴方に会っている時は、その気持ちを忘れさせてくれた。だから、貴方が好きだった。ごめんなさい、最後まで貴方の都合のいい女になれなくて。でもこの手紙で最後。貴方の中から、元々あまり残っていなかった私の存在は、全て真っ白く消えることでしょう。いえ、もういないかもしれない。もし手紙を読んでいる貴方が、私を覚えているなら、私の存在が無くて、何か不自然に思ったなら、もう一度だけ私の名前を読んでください。そして最後に。この手紙は私から貴方への

クリスマスプレゼントです』



バカ女は長々とくだらない文章を、自分の靴の下に置いて、死んだらしい。やっぱり、コイツはバカだ。



「坂口?」
「梨本、」


後ろにはお前の推理通り、10年越しに思っている相手がいる。コイツだよ、コイツのことばかり見てたよ。


前に一度見掛けて、それ以来お前と何度も来たこの街。
気付いてたから、念を押すようにもう一度言う。
この街に来たのは、アイツに会うため。お前と出掛けたいなんていう気持ちは、全く無かった。


だけどな、バカ女。
少しだけ、お前が居ない世界が不自然に感じたよ。1秒だけ。
横に居るはずのお前がいない、俺の大嫌いなえくぼを出すお前がいない、バカなお前がいないことに。

だから、メリーメリークリスマス。
バカ女。

つまんねークリスマスプレゼントに、俺からもプレゼントをやるよ。
喜べ、バカ女。



メリーメリークリスマス、



「バカちよ、」






















Merry merry christmas.

[*back][next#]

19/29ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!