[携帯モード] [URL送信]

短編小説
Hurt my Heart.
ああ、鼓動が嵐の様に激しく蠢く。


――…熱い、顔が焼ける様なくらい。



最近、よくこの状態になる。

突然熱くなって、太鼓を叩くように激しく鳴り続ける胸を、必死に冷めるのを待ち続け、

待ち続けていたら、突然冷えだし、静まり返って、何事も無かったかの様に戻る。




一体これは、何なんだ?



笑いかけられたあの顔を見て、

苦しくなった、自分の胸。

熱くなった、自分の顔。

この苦しさは一体何なんだ?

この熱さは一体何なんだ?


目で追い続ける、あの笑顔。

不思議と目が、話せなくなっていた。

自分だけに向けられるわけじゃない、あの笑顔。

考えて、苦しくなる自分の胸。

考えて、痛みだす自分の心。



――…これは一体何なんだ?



この痛みは、苦しみは、何なんだ?



まるで、この痛みは君のせいでなっている様。

激しく痛みだす、苦しくなる、熱くなる。

この感情は、何なんだ?





答えを知るのは、


この感情に気付いた自分、一人だけ。

















Hurt my Heart.

[*back][next#]

17/29ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!