[通常モード] [URL送信]

キミのトナリ
E
ウソだ。



本当は、寂しくて、悲しくて辛くて苦しくて……。
誰か憎めばいいのかとも思ったけど、それも無理で。
ここから出たい、両親と離れたい。
そうなるにはあと何年我慢すればいいのか、何となく考えたりして、小さな希望を見つけて自分を保つ努力をした。



母と顔を合わせたくなくて、ほぼ自分の部屋に篭もる毎日。
ここに居れば普通の家族ではないけれど、学校には行かせてもらえるし、生活の面倒はみてもらえる。
もしかしたら施設に入れられるより、ずっと自由かもしれない。
本心を閉じ込めるように布団を頭からスッポリ被って身体をギューと自分を抱きしめるように小さく丸まり、ドス黒い感情が通り過ぎるのをひたすら待った。
苦しくて感情を抑え込もうと必死に力が入り、腕に爪をたてて深く爪が刺さった。
たまに血が出るけど、不思議と痛みは感じなくて、むしろスーッと気持ちが楽になる気がした。
気が付くと朝で、自分で隠すように手当てをして登校する。
そんな僕の姿を見ると、夏樹は悲しそうな瞳をして怒っていた。
母からの悪質な攻撃にも、夏樹だけが全く動じずに、僕をしっかり見てくれて、認めてくれる唯一の人だった。
夏樹がいなかったら、僕はもう生きてはいないんだろう。
この頃から、本当に大切な存在だ。

そのうち父も母も全く家に帰らなくなり、僕は完全に独り暮らしになった。
偶然街で知らない女の人と歩く父の姿を見た時、帰って来ない理由が分かった。
僕が見たことない父の笑顔を初めて見た時、本当に悲しかった。
きっと母にも違う生活があるんだろう。
家族なのに、僕は全く2人の事は知らなかった。
どこで働いているのかも、何の仕事をしているのかも全く知らないんだ。
僕のせいで、父と母の関係も崩してしまったんだ。
僕だって、望んでココに来たんじゃないのに。

[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!