[携帯モード] [URL送信]

キミのトナリ
A
「おい!勝手に人の部屋入んなっていつも言ってんだろ!!」

「だって、生柊ちゃんが見たかったんだもの。」

怒ってる朔弥はもちろん恐いけど、女の子は無表情なまま。
ちっとも朔弥に負けていない。
そんな二人のやり取りを、僕はただハラハラしながら見つめていた。

「乃絵!」

朔弥の口調が一層強くなると、仕方なさそうにその子は立ち上がり、ゆっくりとした足取りで部屋を出て行った。

「…ったく、何か言われた?」

「…あっ、アト…付けられたのって…。」

「ああ、結構目立つな。」

そういって鎖骨近くを確かめるようにスーッと指でなぞると、そこへキスを落とした。

「あっ」

ただ触れられただけなのに、どうしてこんなにも一瞬で身体が熱くなるんだろう。
変な声を抑えようと慌てて口を押さえても、すぐにその手は捕まり、今度は唇を優しくついばむようにキスされる。
もう僕の頭の中は朔弥でいっぱいで、さっきまでの疑問すら考えられなくなる。
朔弥から与えられるこの甘く痺れる感覚の中に、いつまでも浸っていられたらいいのにと、心の底から思った。



[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!