[携帯モード] [URL送信]

キミのトナリ
G
後片付けはもちろん女2人に押し付け、早々と自室へ柊と引き上げた。

「どうした?」

初めは肉の食わせ過ぎかと思ったが、何となく柊の表情が曇りがちな気がしてたまらず声をかけるも、それは俺の思い違いじゃないようで、視線が絡まない。

「…バーベキュー楽しかったなぁって。」

『楽しい』という言葉と気持ちは反対で、寂しそうに瞳が揺れているように見える。
背中から抱きしめて、ギュッと思い切り力を込めた。

「あんなのやかましいだけだろ?」

「僕、ああいうの初めてで…どうしたら良いのか良く分からなかったけど。でも、楽しかった。」

ギュッと正面から抱きしめ直すと、柊が答えるように背中へ手を回してくる。
それに、ようやく俺を見てくれたんだと安心した。

「またやろうな。」

「…うん。」

笑顔が戻った事にもっと安心して、小さく柔らかい唇へキスを落とした。
でも、その笑顔の本当の意味なんて、この時の俺は全く気付いていなかった。



[前へ][次へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!