[携帯モード] [URL送信]

結婚した男
MarriageC




南美は優花と話をして、すべての謎が解けた気がした。
渉が昔のように笑ってくれない理由も、優花と会っていた理由も、自分に指一本触れない理由も。

優花に携帯番号を聞いて、帰ってもらった。

南美は混乱しながらも、渉の笑顔の…幸せの邪魔をしたのが全部自分だと気づき、自分の身勝手さが許せなかった。

いつか夫婦みたいに…なんて押しつけがましく、勝手すぎる。








「ただいま…」

渉が7時に帰宅。
南美はハッとした。リビングでボーッとしていたら、何も用意してなかった。

「あ…おかえりなさ…ごめんなさい…何も…」

南美が慌ててキッチンに行くと、

「メール見なかった?外で食べようって…」

「そうなの?ごめんなさい。携帯見てなくて…じゃあ、準備してくる」

南美は洗面所へ行き、顔を洗ってから化粧をして着替えた。







「………。」

渉の車に乗ろうとして気づいた。
南美は渉の車の助手席に乗ったことがなかった。

「どうした?」

「…ううん。なんでもない」

南美が首を横に振り、助手席に乗った。

きっと優花は何度も助手席に乗っていた。
それを父の権力で奪ったのは自分だ…と、前なら助手席に乗れる!と素直に喜べたことが喜べなくなった。








「…おいしくないか?」

レストランに来た。
あまり食が進まない南美を見た渉が聞くと、南美は慌てて頼んだオムライスを食べた。

「そんなことないよ…うん、おいしい」

「そうか…」

南美が笑うと、渉も食べた。
南美は、いつまでもこんな風にしていたいと思った。

「話…あるって言ったよな…」

「!」

渉が話をしようとしたので、

「その話…!明日じゃ…ダメかな?」

「明日?」

「うん。明日。今日は…お兄ちゃんとの外食を楽しみたいの…ダメ?」

「…別にいいけど」

「よかった。いただきま〜す」

南美は本当においしそうに料理を食べる。

「おいしい。これ家で作れないかなぁ」

「食べたくなったら、また2人で来ればいいだろう」

「!」

渉の言葉に南美は笑顔になる。

「ありがとう…お兄ちゃん」

南美は、本来なら愛する人から引き離して恨んでもおかしくないのに…渉の優しさに胸がキュンとした。





そんな渉には一番幸せになってほしかった。
南美は一晩考えて…渉の幸せを考えた。








「お兄ちゃん…」

玄関先で、仕事に行こうとする渉にカバンを渡しながら言った。

「何だ?」

「あの…」

「?」

「あの…ね」

南美は、今までで一番テレて緊張していた。

「お願いがあるんだけど…」

「何か欲しいのか?」

「えっと…ね」

南美は耳まで真っ赤になりながら言った。

「いってきますの…チュー…して」

「!」

渉が驚いていたが、南美はテレながらも渉に頼んだ。

「お願い!最初で…最後でいいから…もう、二度とわがまま言わないから…」

「………。」

「お願い…っ」

すると、渉が南美のほほに手をあてて、唇にキスをした。

「…いってきます」

「あ…うん。いってらっしゃい」

南美は恥ずかしくて渉を直視できなかったが、笑顔で見送ると、頭をなでてくれた。

南美は、いつまでもそのぬくもりと余韻(よいん)に浸っていたかった。

でも、そんな時間はもうない。
南美は渉の優しさに感謝した。







「…何をしてるの?」

夕方…南美は、自分の部屋のベットや家具を運んでいた。
そこに優花を呼んでいた。

「見ての通りです。お引っ越し」

「!」

「中田さんに言われたからだけじゃないの。お兄…渉さんが困るようなことは…私だってしたくない」

南美は業者の人と話しながら、優花と話した。

「だから…元に戻すから」

「…そう」

「あ、でもそのせいで渉さんが転勤とか、降格にはならないから。全部…私のわがままだから」

南美は、本心では離れたくなかった。
渉はきっと優花のところに戻りたいんだと思った。
だから結婚してからも会っていた。

「さてと…」

業者はもう荷物を運んでいた。
南美はバックを持ち、渉の部屋のドアのすき間から手紙を入れた。

優花に手を差し出す。

「私は自分のことしか考えてなかった…」

「………。」

「悔しいけど…あなたの方が渉さんにふさわしいと思う」

優花は手を取り、握手をした。

「ありがとう…」

南美がそのまま出ると、外は暗くなっていた。





「!」

エレベーターで1階に降りると、エレベーターを待つ渉に遭遇した。

「どこ行くんだ?」

「あ…ちょっとコンビニ。飲み物買いに」

「外、暗いだろう。一緒に行こうか?」

「!」

南美は渉の言葉を聞き、決心がゆらぎそうだった。

「…大丈夫。近いから…」

「そうか…」

「うん…」

南美はエレベーターを降りて、渉と入れ代わり。
扉が閉まる前に渉に抱きついた南美。

「!」

驚く渉から笑顔で離れた南美。

「えへ…ごめんね。一回…近づいてみたかったんだ」

「…南美?」

様子がおかしいと思った渉だが、扉が閉まる。
最後に南美が言った。

「…ありがとう…お兄ちゃん」







渉は南美の様子が気になりつつも、部屋へ。

「!」

南美がいないのに鍵が開いていた。
渉が中に入ると、

「あ…おかえり。長谷部くん」

「優花!?なんで…?」

優花がエプロン姿でいた。
渉は混乱していた。

「南美に…何を言った?」

抱きつく優花は、渉のぬくもりを確かめるように渉にすりよる。

「事実よ…」

「事実?」

「私と渉が付き合ってたことと…あなたが結婚のせいで立場が苦しくなってること」

「!」

優花はクスクス笑った。

「そしたら、あっさり引き下がっちゃった」

「優花…お前…」

「これで…また長谷部くんといられるわ」






渉が部屋に入ると、足元に手紙が。

《南美です。勝手なことしてごめんね》

部屋の鍵を閉めて、渉は優花に邪魔されないように手紙を読んだ。

《そもそも…お兄ちゃんに望まない結婚をさせて、ごめんね》

ベットに座る。

《中田さんに話を聞くまで…ずっとお兄ちゃんが浮気してるんだと思ってた。でも違った。私が、引き裂いちゃったんだね。ごめんなさい》

「長谷部くん?どうかした?」

優花が外から声をかけたが、渉は無視した。

《お兄ちゃんを幸せにしたいのに、お兄ちゃんの幸せの邪魔をしてるのが自分だなんて思わなかった》

「長谷部く〜ん?」

「…着替えてる。ちょっと待ってくれ」

そう言うと、優花はドアから離れていく。

《だから…もう迷惑はかけたくないから出ていくね。でもね…》

この辺りから、涙で字がにじんでいた。

《南美はお兄ちゃんがずっとずっと大好きでした》

「!」

《だから…お兄ちゃんの手で女にしてほしかったけど…そんなわがまま許されないのわかってるから。それに、最後にキスしてくれたから…嬉しかった》

渉は手紙を見ていて、平常心じゃいられない自分がいた。

《一緒に暮らしたこの2ヶ月…お兄ちゃんのそばにいれた南美は幸せでした。一生忘れません》

渉は、南美の笑顔ばかり思い出した。

《…お兄ちゃん、幸せになってください。南美はそれが一番嬉しいです。本音を言えば…》

渉は部屋を飛び出した。

「優花…!」

《南美がお兄ちゃんを幸せにしたかった…。今まで、ありがとう》

優花の元へ行き、優花に言った。

「前にも言っただろ…?」









「…はぁ…」

実家の部屋のベットに横になり、ため息をついて指輪のない左手をながめる南美。指輪は机に。

さっきまで、父と母はうるさかったが、南美がなんとか一時的に収めた。

「…お兄…ちゃん」

南美は、朝に渉がキスしてくれた唇をなでた。
気持ちはそう簡単に断ち切れない。








「…っ…!」

南美がゴロゴロして眠りかけていると、1階から声がした。

「南美…っ!」

「!」

渉の声がした。
南美は起き上がったが、下に降りる勇気はなかった。

「…渉君、君にも迷惑をかけたね」

「お義父さん?」

渉が南美を呼ぶ中、南美の父が出てきた。

「南美のやつ、気まぐれでな。渉君との生活は退屈だと」

「!」

「いや、誠に申し訳ない。会いたくもないと言ってきかんのだ」

「…南美!」

渉は2階に向かって叫んだ。

「お前にはまだ話がある!聞いてくれるまで…俺はコレにハンコは押さないからな!」

渉は、手紙と一緒に入っていた離婚届を持っていた。
渉は言うだけ言うと、

「…出直します」

南美の父に頭を下げて出ていく。
南美は部屋のドアの前で泣いた。

「お兄ちゃん…」

面と向かって話なんてしたくなかった。




[*前へ][次へ#]

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!