[携帯モード] [URL送信]
A
「りょ」
「違うって言ってるでしょ!」
これ以上、側にいたくない。
くるりと背を向けて歩き出す。

まさか、まさかこんな所で……。
不覚にも涙が出そうになって歯を食いしばった。

もう用はない。
とにかく早くこの場から去りたかった。
どうせ、明日には忘れてしまうだろう。


「ゆう!」
また声をかけられた。
今度は確実に自分を呼ぶ、よく知った声。
正門の方からだ。
そこには人集りが出来ていて、ざわめいていた。

「海斗だよね?」
「海斗!」
「本物!?」
「カッコいいっ」
「背、高いね〜」
「足長〜い」
「顔、ちっちゃいよ」

その中に一際目立つ長身の男がこちらに向かって手を振った。
相変わらず眩しい笑顔。

「海斗さん!」
思わず叫んで駆け出した。

人集りを掻き分けて隣に立つと、ようやく安心出来た。

微笑むと辺りがまたざわざわする。

「誰?」
「知り合いかな?」
「なんか、地味な子ね。」
「新入生かしら……」

たくさんの視線は居心地が悪い。
だがさっきの男の視線とは質が違うと分かる。
男女のひそひそと、だが確実に聞こえる声。

こんな好奇な視線は好きではないが、慣れている。
何故か俺の周りは美形が多いから。

「海斗さん、こんな所にどうしたんですか?」

「撮影が近くであってさ。早く終わったから祐(ゆう)がいるかな、て。
 もう終わったんだろう。
 一緒に帰ろう。」
「はい。」

強い視線を背中に感じた。
振り返らずとも先ほど勧誘してきた男だろう。

振り返りたいような、振り返りたくないような……。

思わず手が伸びたのは不安だから。海斗の腕を持つと不思議そうに見下ろしてきて、何かに気付いたのだろうか。
後方を見て、目を細めた。

そして、何を思ったのか守るように肩を抱き寄せる。

[*前へ][次へ#]

8/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!