[携帯モード] [URL送信]
A
side:Y

『−−−−!』


はっと目が覚めた。

誰かに呼ばれたような気がした。
かつてこんなに目覚めの良い朝があっただろうか。
カーテンの隙間から朝日が漏れている。
「朝か。」
だが、目覚めの良さと清々しい朝の空気のわりに気分は良くない。

起き上がり深く溜め息を落とした。

今日は入学式だというのに、もう疲れている。

何故か。

夢を見ていたような気がする。

内容は覚えていないが、後ろ髪引かれるような胸の痛みには覚えがあった。

こんな思いをする夢を見たのは久し振りだった。

もう、忘れたはずなのに………。
いや、忘れたのだ。
昔の事。


「さて、そろそろ用意しないと。」
頭を振って鬱陶しい空気を払うとわざと、声に出して言って布団から這い出した。


今日から始まる新しい生活。

だが浮ついた気分ではなかった。
夢のせいもあるが元から他の人とは違う。


普段と変わらず、あまり表情を変えないまま朝の準備に取りかかった。




[*前へ][次へ#]

4/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!