[携帯モード] [URL送信]
プロローグ
side:T


梅雨入り前の蒸し暑い日。
昼食を終えた、ガヤガヤとした教室。

あぁ………


「………て、……きなんじゃねぇの?」
「え、マジでぇ」
「……………、ちが……」
「アレ……ちゃん、真っ赤!」
「ヤッパ、図星じゃね。」

ああ、これは夢だ。

そう思うのに自分の望むように進められなくて、すごく歯がゆい。

これは記憶。
自分の中でいまだ過去には出来ない苦い思い出。

ギャハハと、笑う友人達。

その先は、言っちゃダメだ。
分かってるのに。
すべてが終わってしまう。

ほら−−が不安そうに見ているじゃないか。
笑ってやればいい。
卑下たものじゃなく、昔からの笑顔で。
何でもない、事じゃないか。


なのに俺は…………。


「…………・・ッ。」

……………………………っ!

どうして……………!!



大して暑くもないのに目覚めると汗びっしょりだった。
はぁ、と溜息を深く落とした。
いつもここで終わる夢。
どうせ変えられないのだから、もう見たくないのに。

もしタイムマシーンがあったなら絶対に行きたい時がある。

そして止めたい。
あの言葉だけは言わないように。

そうすればきっと違う未来があったはず。

あの頃と同じように隣には君がいただろう。

あの優しい人を和ませる笑顔で。


無意味な願いだとは分かっていても、そう思わずにはいられない。
悔やんでも悔やみきれない。

それでも、時間は残酷にも過ぎていく。




君との時間はどんどん離れて行って………。


そうしてまた一人の、一日が始まる。



[*前へ][次へ#]

3/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!