[携帯モード] [URL送信]
E
side:拓実


綾だ。
チラッと見た横顔にピンときた。
常識とか途端に吹っ飛んで追い掛けていた。

腕を掴んで声を掛けると違うと否定される。

途端に崩れる確信。

でも面影がある。

でも他人の空似……キッパリ言い切られるとそうかとも思った。
性格もずいぶん違うような気もするし言葉遣いも「俺」と自分を呼ぶのも、知っていた彼とは全然違った。

でも、でも、でも!

否定してはそれを否定して、またさらに否定する。


綾とクラスメートだったのは中2までだ。
顔ははっきり覚えているとはいえ、成長期真っ只中に会えなくなった。
だから成長後の彼を知らない。

それどころか………水上綾はすでに亡くなっている。
本当は成長すらしない。
本来ならこうして会える訳がない存在。

俺だけがいまだに信じていないだけで、役所の記録もクラスメートたちの認識でも綾はすでに故人。
昔からの知り合いが見たら、俺の正気を疑うかもしれない。

だけど………。

[*前へ][次へ#]

12/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!