[携帯モード] [URL送信]
D

「今時ゲイのモデルなんて珍しくもないでしょ。
 それくらいで揺らぐような仕事はしてないし、後ろ盾だってね……」
ペロッと下唇を舐めて、いたずらっ子のように海斗が、くす、と笑う。
「凄い自信。」
「まぁ簡単に足を掬われる時もあるけど、性癖はずいぶんオープンな時代になったよ。」
「それでも近親相姦はダメでしょ。俺は“弟”なんでしょ?」
「あ、そうかぁ、祐は腹違いの弟ってさっき言っちゃったもんねぇ。
 でも、その背徳感もまたたまらないよね?」
全く………。
自分で設定しながら、その重大さに気付いてないのか。

いや、きっと気づいている。
気付いていながら、それを含めて楽しんでいるのだ。
そう言う人種を、海斗の他に何人か知ってる。

溜め息が出る。

ペロッと唇を嘗めてから海斗はエンジンを掛けた。

男からの口付けを普通に受ける自分も、まぁ普通ではないのだろう。
当の昔にどっぷりはまってしまっているのだ。
それが生きる術だった。

やがてウィンカーがカチカチ鳴って左に遠心力を感じた。

「で、あいつは?」
前を見たままの海斗。

「九条拓実【クジョウタクミ】。
 水上綾【ミナカミリョウ】の同級生。」
シートを少しだけ倒して空を見ながら答えた。
「綾の、か。世間は狭いって本当になんだな。
 ただの同級には見えなかったけど?」

チラリと海斗を見る。

海斗にはきちんと話さなくてはならないと思う。

この人は俺の飼い主だから。

詳しくは聞かれなかったから大雑把にしか説明していなかったが、その時がきたのかもしれない。

会わなければ有耶無耶に出来ただろうに。



「ただの、クラスメートだよ。」

少なくとも、拓実にはそうだったはずだ。
そんな認識も無かったかもしれない。



溜め息を落とし、祐介はそっと目を閉じた。




[*前へ][次へ#]

11/16ページ

[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!