[携帯モード] [URL送信]
「嘘は吐かないって約束だろう?」
どうせ嘘なんだろ、といった目を向けられた。人が折角言葉にしたというのに。まあ男が男に告白、なんて普通なら誰だって嘘だと思うだろう。けれどもそれは偽りのない本心、だった。あの日俺はお前を傷付け、そして約束を交わした。その約束は俺を縛り続ける。それで良かった。だから耳元で言ってやる。

  

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!