[携帯モード] [URL送信]
今日がはじめて
ん、とだけ言われて大福が差し出された。もらおうか、と考えていたら大福は既に手の上。我慢できなくなって、口に含む。すごく甘くて柔らかくて思わずおいしい、と声にしてしまった。それを見て高杉が笑う。普段とは違う優しい顔で。つられて俺も笑った。高杉と俺が初めて、幸せを分けあった日のこと。

  

[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!