[携帯モード] [URL送信]

ラピスラズリの泪
004
「……良いんですか?あの様な態度を取らせて」

沈黙を破った景吾は、彼女達が去った方を見る。
普段の理事長なら、生徒や来客にあのような態度に出られたら、激怒する筈。
それなのに、怒声すら出さないのは、理事長を良く知る景吾には不可思議である。

「仕方ないだろう。姫君を招き入れたい学園は、数多にある。その中で我が氷帝を選んだ。姫君の多少の我が儘は聞かなくては、な」

大人の駆け引きを垣間見た瞬間だった。

[姉は扱い易いだろうが、妹は一筋縄では行かねぇな]

理事長にも臆せず、凛とした態度を崩さないその様は、前に居た学園内でも役職持ちだったに違いない。
常に冷静を保つなど、そう簡単に出来る筈もなかった。

[ん?……姫君?]

理事長がこぼした言葉が、引っかかる。
イギリスには、同じ年の王女は居ない筈。
揶揄したのか、それとも、嫌味を込めた言葉なのか。
まだ、成長過程にある景吾には判らなかった。

「彼女達は、来週の月曜から登校する。制服はまだ間に合わないから、暫くは以前の学校の制服での登校となる。風紀にはそう伝えなさい」
「判りました。では失礼します」

パタム、とドアを閉めると、景吾は小さく溜息を吐いた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!