[携帯モード] [URL送信]

ラピスラズリの泪
003
物々しい重圧感があるドア。
金色のプレートには、『理事長室』と書かれている。

コンコンコン

ドアをノックすると、中から『入れ』と声が掛かる。
ガチャリ、とドアが開かれると同時に、良く似た背格好、同じ顔をした2人の女子生徒が振り返る。

「跡部生徒会長、良く来たね」

目の前にいる男が、柔らかい眼差しで景吾を見つめる。

[呼び出しておいて良く云うぜ]

内心毒づきながら、景吾は「何用でしょうか」と告げた。

「彼女達が新しく入った編入生だ。君に、学園案内を頼みたい」

そんな景吾に気付かずに、話は進められていく。

「あの……」

そんな中、柔らかい声が響く。

「何かね?えーと」
「奏汰です」
「あ、ああ。済まないね。見分けが……」

その言葉に、ポニーテールが笑い声をあげた。

「そりゃそうよ〜。一卵性だから、初見で見分け付く筈無いわよ」
「姉様。一度申しただけでは判りませんよ(--;)」
「ったく……もう一度云うわよ。ポニーテールが姉の陽汰(ヒナタ)で、こっちが妹の奏汰(カナタ)」

ふぅ、と、溜息を吐く。

「で……何かな?」
「この方の授業を中断させてまで行う事柄ではありません。ですので、学園案内は無用にございます」
「え?」
「事前に下見をしておりますれば」
「え〜…」

ブーイングを飛ばす姉、陽汰に対し、小さく溜息を吐く、妹奏汰。
しかし、それは一瞬だけの事であった。

「私共は、ご挨拶を兼ね、登校する日程と、学材を頂きに参ったまでの事。聞いては居らぬ事柄に対して、拒否出来る筈。こちらの都合も問わず、勝手に物事を決めるのであれば、私にも考えがございますが」

冷ややかな空気を纏いながら、鋭い眼差しを向けるその様は、まるで、肉食動物その物。
ゾクッ、とした物が背筋を伝う。
が、その雰囲気を打ち消したのが、

「奏ちゃん、止めなさい」

姉、陽汰の言葉であった。

「しかし、姉様……っ」
「あたしの命令が聞けないの?」
「〜〜〜〜ッ。……判りました」

苦虫を噛み潰した様な表情で、す、と引き下がる。

[シスコンか?]

その様子を見ていた景吾はそう思う。

「今回は、学材の引き取りと、総代の――…違った。生徒会長の紹介だけと云う事で終わりましょ。行くわよ」

陽汰は、ヒラヒラ、と手を振ると、鼻歌交じりに歩き出す。

「では、これにて」

優雅に頭を下げると、陽汰の後を歩き出す。
その様は、まるで執事の様であった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!