[携帯モード] [URL送信]

ラピスラズリの泪
002
それから数日後――…。
景吾は、あの女子生徒と逢う事はなかったが、判った事が幾つかあった。
彼女が編入生である、と云う事。
一卵性の双子であり、氷帝創立以来の好成績を修めたと云う事である。

「今度、編入生来るんだって」
「へぇ〜。男だったら、イケメンが良いなぁ」
「頭脳明晰で、容姿端麗なんですって」

女子生徒の噂話。
これがあって、噂は一気に学園内を駆け巡る。
どうして、女性は噂話が好きなのだろう。
そんな疑問が過ぎるものの、直ぐに打ち消す。
それもその筈。
編入生の学内案内に、生徒会長である景吾が指名されたのだ。
断ろうとするものの、理事長直々の指名なのだから、断る事は難しい。
はてさて、困ったものである。
何時もは、他の役員に振っていたのだが、理事長直々なのだから、中途半端な案内では済まされない。
景吾は、小さく溜息を吐きながら、重い足を動かしたのだった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!