[携帯モード] [URL送信]

ラピスラズリの泪
001
桜の花弁が、ヒラリヒラリと、舞い落ちる。
ふわり、と薫る、桜が春の訪れを告げる4月――……。

新入生が、姿を見せる中、見慣れない制服を着た、独りの女子生徒が、テニスコートに姿を見せていた。
それに気が付いたのか、男子生徒が、その女子生徒を見る。

「きゃあ、跡部様ー!!」
「跡部様!!跡部様!!」

それに気が付いた一部の女子生徒の黄色い悲鳴に、眉根を寄せている。
そんな賑やかなテニスコートに、凍てつく眼差しを向け、小さく溜息を吐いて、何かを呟いている。
ここからは、何も、聞こえない。

「跡部、何見てるん……って、見慣れん制服やな」
「忍足」

丸眼鏡を掛けた少年が、話掛けてくる。

「編入生なん?」
「さぁな。何も聞いちゃいねぇ」

記憶を辿るが、編入生が来るなんて云う話は聞いてない。
それに、氷帝は名門中の中でも名門で、編入試験は難しく、中々合格する事は出来ない。
だが――…試験が行われたのは、約1週間前。
結果が出るのは早くても、明日だ。
それまでは様子を見るしかない。
しかし―――…、気になる。
冷たく、凍てつく眼差しの中に宿る、強さの意味が何を示すのか。
ここまで、興味を惹かれる女に出会えるなんて、思ってもみなかった。
景吾は、口角を上げ、女子生徒を見ていたのだった。

[次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!