[携帯モード] [URL送信]

ラピスラズリの泪
001
陽汰・奏汰が編入生、として氷帝に来てから数週間が経過した。
その間に、奏汰の隠れファンクラブなる物が発足。
その名も、
『氷帝の白雪姫を愛でる会』
である。
上級生(主に男子)や下級生(男女問わず)に人気が高く、学内アンケートで、もしお姉さん(妹)にしたい、メイドさんにしたい1は?とあれば、間違いなくダントツ1位を獲得するだろう。
もし、奏汰本人がその事を知れば、即日解散させられているだろう。
そして、盗撮されただろう写真を回収する事、数十回。
景吾は、その写真達を見つめ、盛大な溜息を吐いた。

「珍しい事もあるもんやな」
「忍足か」

丸眼鏡を掛けた少年―――…忍足侑士が、景吾に話し掛けながら、徐に、写真を手に取った。

「白雪姫の写真やん。一枚頂戴」
「それはシュレッダー行きだ」
「勿体ないやん」
「お前な…
「冗談や」

景吾の睨みに、軽く手を挙げる。
しかし、数十枚にも上る写真達を目の前に、溜息を吐きたい気分も判ってしまう。

「そう云えば…」
「アン?」
「お姉ちゃんの方、テニス部に仮入部したんやて?」
「あぁ。妹は家庭の事情とやらで、部活動や委員会には入らないそうだ」
「へぇ」

氷帝では、部活動、又は、委員会のどちらかに入らなくてはならないが、免除される場合がある。

[次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!