[携帯モード] [URL送信]

ラピスラズリの泪
006
双子の情報は、一気に噂となって広まる。
どうやら、二年生の様で、樺地と同じクラスらしい。
双子、特に一卵性双生児は姿形が瓜二つの為、クラスが別々になるのが普通だが、陽汰の我が儘で同じクラスになったとか。
情報が欲しい、と思わなくても、自然と耳に入る。
そんな環境に、小さく溜息を吐いた。

[しかし……]

景吾の疑問は、募る。
理事長の変貌、そして、あの双子の態度。
あの双子に、何があるのだろう。
見えない何か、がある気がするのは、気の所為だろうか。
それに、気になる言葉が、ある。

『仕方ないだろう。姫君を招き入れたい学園は、数多にある』

その言葉だ。
どうして、数多の学園は彼女達を欲しがる?
彼女達に何がある?
疑問は尽きない。
本人達に直接聞くのは可能だ。
だが、あの一癖も二癖もある妹の事だ。
決して口を割らないだろう。

「………」

景吾は暫くの間、考えに耽っていた。
また、それが女子生徒達の妄想を膨らませている、等とは思ってもいなかった。

[*前へ]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!