[携帯モード] [URL送信]

ラピスラズリの泪
005
時間は、あれよあれよ、と云う間に、月曜日。
あの双子の登校日。
周囲は、ザワザワ、とよどめき立つ。

「双子じゃん」
「顔、ちっちゃ〜い」
「お人形みたい」

ボソボソ、と、囁き合う声が聞こえる。
暫く様子を見ていると、陽汰は鞄を持ってはいない。
ふ、と隣を見れば、奏汰が陽汰の鞄と自らの鞄を持っている。
そして、戦国時代の夫婦さながらに、陽汰の後ろ三歩下がって歩くその様子を見て、

[[[[[メイドか!!]]]]]

その場に居た者全てが、そう心で突っ込んだのは云う迄もない。
が、本人達は、何時もの事らしいのか、周囲を気にする事なく、職員室へ向かうが、次第に奏汰の機嫌が悪くなり始める。

「気にしなーいの。編入生が珍しいんだから」
「ですが、姉様。ボク達は見せ物パンダではございません」
「仕方ないじゃない。ガーデンブルグの制服を着てるのも視線を集める要因だし」
「制服が用意出来次第に登校する、とすべきでした」
「ハイハイ(--;)猫グッズ一個買って良いから」
「陽ちゃん(*^^*)」

何を云われたのかは判らないが、急に奏汰の機嫌良くなる。

「一個だけだからね!!」
「判っておりま……」
「匹じゃないから」
「!!(゜ロ゚ノ)ノ」

ずぅん、と、音がするぐらい、ショックを隠せない奏汰。
それを見ていた陽汰は、呆れ果てながら、

「猫狂いめ」

そう呟く。

「何か仰いましたか?」
「いーえ。何でも」
「色狂いよりマシでしょう」
「聞こえてんじゃん(--;)」

冷ややかな眼差しを向け、小さく溜息を吐く陽汰を余所に、奏汰は何事もなかったかの様に振る舞っていた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!