[携帯モード] [URL送信]

Wonderful days
待ち合わせを決められました
「家に寄るの?」

テニスの話は終わり、と、云わんばかりに、奏汰は話題を変える。

「その心算だが?」
「ん、判った。今日はお魚だ」
「構わない」
「じゃあ、ボクは先に帰る」
「家はどっちだ?」
「あっち」

奏汰が指し示す方を見て、国光は盛大な溜息を吐く。

「う?」
「エントランスで待っていろ。直ぐに終わらせる」
「あぅ…(; ;)」

奏汰を引き留めたい時には、決まってコレをする。
極度の方向音痴を知っている国光ならではの方法なのだ。
その事に関して、奏汰は気付いてはいない。

「………」

その様子を黙って見ていた景吾は、国光の眼差しの中に、優しさが含まれているのに気が付いた。

[成る程ね]

滅多に見せない国光の優しさに、笑う。

「……何だ?」
「何でもねェよ。行くぞ」

国光と景吾は、エントランスに奏汰を置いたまま、歩き出す。
すると、女子生徒達は、一斉に奏汰に群がる。
その様は、砂糖に群がる蟻その物だ。

「かーなた(^^)」
「何だい?その笑みは」
「一緒に居てあげる」
「要らない」

一刀両断である。

「何でよ!!」
「キミ達の目的は、ハチミツくん達だろう?ハチミツくんは、見世物パンダじゃないぞ(・言・)」

冷たく鋭い眼差しが、周囲を取り巻く蟻の群れに向けられた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!