[携帯モード] [URL送信]

Wonderful days
やなこった
「でも、ハチミツくん。氷帝(ウチ)に何の用?」

こてり、と、首を傾げる。

「聞いていないのか?」
「何を?」
「合同合宿の話だ」
「ボクはテニス部じゃないからね。そう云うのは知らない」

その言葉に、国光は眉間にシワを寄せた。

「ボクは引退したんだよ。引退」
「引退する年齢じゃないだろう」
「日本はミックスシングルスはしてないだろ?キミと試合は出来ないし、ダブルスはキミ以外と組む心算はないぞ」

フニャと笑う奏汰。
あれだけの実力を眠らせる、そんな事出来ない。
それに、成長した自分を見て欲しい。
そんな欲に駆られた国光。

「なーにを企んでいるんだい?」

訝しむ様な表情を浮かべながら、国光を見る。

「奏汰。俺と試合をしてくれないか?」
「やーなこった」

即答に、ピリピリ、とした空気が流れる。

「拒む理由は?」
「ラケットは家」
「俺のを貸そう」
「靴はローファーで、コートを傷めるからダメ。ウェアもないし」
「………」
「そんな表情(カオ)しないの。ボクは居なくならないから」

奏汰の言葉に、景吾は一言。

「どんな表情(カオ)してんだよ」

と、呟いた。
国光の表情は読み辛い。
従兄妹だから、判ったのだろうか。
だが、その時に見せた、奏汰の哀しみに気付かなかった。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!