[携帯モード] [URL送信]

Wonderful days
従兄なんだぞ side国光
氷帝学園中等部、と書かれた校門の前に、少年は居た。
周囲は、「青学の手塚だ」、「手塚君、何しに来たんだろ」、等と呟く声が聞こえる。
そんな声に、耳を傾ける事も無く、歩き始める。

[確か、奏汰も氷帝の生徒だったな]

従妹である奏汰。
運が良ければ逢えるかも知れない。
そんな事を考えながら、待ち合わせ場所に向かった。



◇◆◇◆◇◆◇◆



エントランス。
そこには、跡部が居た。

「よぉ、手塚」
「跡部」

対面した瞬間、騒ぎ出す周囲に、眉根を寄せる。

「他校生が珍しいんだよ」
「………」

小さく溜息を吐いた瞬間、ツンツン、と背中を軽く突かれる。
国光に対して、こんな子供じみた事をするのは、ただ一人だけ。

「……何をしている?」
「キミの背中を突っついているのだよ、ハチミツくん」

へにゃり、と笑う奏汰の笑顔。
何時も構って欲しい時に見せる笑顔だが、いかんせん。
場所が場所だけに甘やかす訳にはいかない。

「奏汰、好い加減名前を覚えろ。国光だ」
「別に覚えなくても生きて往け――…努力します」
「判ったのならそれで良い」

シュン、とした表情に、若干の罪悪感を抱きながら、奏汰を見ていたが、奏汰は気にする事なく、国光との関係を景吾に話していた。

[*前へ][次へ#]
[戻る]


[小説ナビ|小説大賞]
無料HPエムペ!